フルメタル・パニック!
fm01.jpg

ちょー!今更ですが、賀東 招二「フルメタル・パニック!」です。
深夜アニメ(本編10分番外編30分)でチラ見して、
ヒロインかなめの性格が想像してたのと全然違ったので興味をそそられまして。
巻数がたくさん出てる本って読み応えがあっていいよね、しかもそろそろ佳境らしいし、
根強い人気作ってのは面白いってことだろうし。

それが。

あああこんなところで新刊待ちする羽目になるとは!!!

もう10年くらいやってる話で、本編10巻番外編8巻サイド・ストーリー2巻が
刊行されていて、本編があと1~2冊で終わるらしい(さだかではない)。
サイド・ストーリーは出すのかなー。ドラマガなんてチェックする気ないので
本屋に並んで初めて知る状況です。
つーか、富士見書房の発刊予定までチェックするのは効率悪そうで。
ここので読んでるのこれとあざの耕平の「BBB」だけだし。

まあ話がずれましたが、
いやいやなんともあなどれません。
面白いです。

メカに関する熱量がそりゃもう凄いのですが、
私自身は軍オタでも銃オタでもスパロボオタでもないので、
とりあえず1回目はそのへん斜め読みしてます(・・・)が、話がね。
10年書いても話がブレないってすごいことですよ。
やー、脚本やってるだけあって、構成がうまいわ。
あと細かい一言やワンシーンの描写で、「おお!」と思う状況説明力。
巧いですよ。

また少ししたら2周目読んで、今度はアーム・スレイプ(いわゆる人型メカっすよ)のスペックや
超大型潜水艦の人員配置もじっくり読み込ませていただきます。

個人的には宗介とアルのダメ会話がツボ。ああ、アルかわいーなあ。
で、かなめの「あっあたしは別に・・・」を10巻に至っても口にするところが
全くもって気に入りません(笑)そのあとそれどころじゃなくなってますけど
【2008/10/20 20:36】 | れびゅーん | トラックバック(0) | コメント(0)
そんなわけでラヴァーズ・キス
またしばらく更新止まってました。
こんな時はたいてい他に読んでる本があって、家にいてもPCを立ち上げてないのです。
ああ、ソースケ、大変・・・(さてこれでわかるだろーか)
まあこの分はまた後で。

予告通り
吉田秋生「ラヴァーズ・キス」です。
lk.jpg

描かれた時代が違うのが如実に出ています(笑)
よくこれとリンクさせようと思ったなー。

キャラクター相関図に齟齬はないかも知れないけど、描かれ方がまったく違うので、
一種のパラレルワールドみたいに思うべきかも。

とはいえ、お話はうーん、さすが、といったところ。
欠落と再生の物語ですね。
まわりを自分の解釈でしか見ない、自分が一番正しい時代の息苦しさが
丁寧に描かれてます。(イロンなイミで)痛々しい・・・(苦笑)

まあまあ満足でした。海街のほうが好きだけどね。
【2008/10/20 00:36】 | れびゅーん | トラックバック(0) | コメント(0)
海街diary
umi01.jpg
吉田秋生「海街diary」。現在2巻まで発売中。

いやー、すばらしいです。
1巻を読んだときからじわりじわりと来てましたが、2巻もまたすばらしい。
家族という単位、親子、血のつながり、母と娘、姑と妻・・・そして男女。
理解と食い違いと断絶と愛情。
ひとつひとつは小さなエピソードなのに、どこかに必ず自分にもある闇をのぞき、
そして穏やかな光を見いだす。

もっと読みたいけど、大事に読みたい、そんな静かなお話です。

香田家三姉妹+新米四女すずの家庭もいいですけど、
すずのサッカーチーム内の少年少女の心模様もかわいらしくてステキ。
特に男の子群はにやにやしながら生暖かく見守っていく方向で。

吉田秋生は「BANANA FISH」と「櫻の園」ぐらいしか読んだことなくて、
そんなに好きって気持ちはなかったのですが、
(でも「櫻の園」は名作!作品は好きだけど、作者に興味が持てなかったのよ)
「海街」は現在上位ランクイン。
そんで、ちょっと調べたら
「ラヴァーズ・キス」という作品が、「海街」とかなりリンクしてる様子。
こりゃ読まねばなー。
【2008/10/11 21:33】 | れびゅーん | トラックバック(0) | コメント(0)
ちこは「もしもし、オレだけんど」と言う
この前家電(いえでん)に、ちこママから電話がありまして。
いつも秋はちこ実家におじゃまするのでその打ち合わせでした。

が、
電話口でちこが
「え?携帯?替えてないよ、何の話?」
「それ俺じゃないよ、もしかしてアレじゃん、オレオレ詐欺!」

・・・・・・・お義母ーさま、危機一髪!

いやー、最近手口が巧妙になってきて、実行前に「携帯電話を替えた」と
予告を入れるのを新聞で紹介されてるのを読んだことがありましたが。

ホントにやるんだなー。(感心)

別口の知り合いからオレオレ詐欺未遂や実際にお金を取られた人の話も聞きましたが、
まだまだお盛んなのね。
我が家ではちこママにTELするときはいつも家電からなので、
「ちょっと変だ」ぐらいは思った模様。
で、ついでだからいつもの件で連絡とってめでたく未然に防げることになりました。

あの後本番TELはかかってきたのかなー。
ホントの間違い電話だったらそれもすごいけどね。会話成り立ってるんかーい、みたいな。
【2008/10/10 23:32】 | どーでもいーけど | トラックバック(0) | コメント(0)
デーモン聖典
d1.gif
樹なつみ「デーモン聖典(サクリード)」全11巻読了。
樹なつみ作品の中では一番面白かったです。まあ全部読んでるわけじゃないんですけど。
昔からあまり得意じゃないのよね、この人。

とはいえ、この人は大きな設定の話を書くのが上手いと思います。
好きな人が多いのも頷けます。
全世界的事件でありながら舞台は日本の一画だけ。登場人物もかなり限定されてる。
なのにそれと感じさせない。うまいわー。
そしてそれでいて小女漫画らしいラブがあります。うむ。そうこなくっちゃ。

なーんていいながら、
グリフォン萩と侑くんのシーンが一番好きだったり。
次点が獏お兄さんと翔くんだったり。
ラブ関係ねーじゃん。だってメインのもなとK2の関係がそこまで深く見えないんだもん。
まだりなと忍のほうがりなの心理描写が多い分納得。
そんでもってなんといっても、赤龍がもっそいかわいそうでした…


その流れで、八雲立つも読みました。
y1.gif
こっちは再読。

全19巻の読みごたえのある話なんですが、
あんまり好きになれないなあと、再確認しただけでした。
「ドラマチック」にはどうしても「拭えない悲劇」がつきものです。
その先に大きな救済が来て、「あー面白かった」と本が閉じられるのを
目標とした話にしては、幸福感が足りない・・・
どうにも話が暗いとゆーのもあるでしようが、
なんと言っても、女の子が、どの子もかわいくないというのが敗因では?

暗い話が嫌いなんじゃない。最後まで救いのない話だって、もちろん読みますよ。
扱ってる題材は好きなジャンルなのに、なんか読みにくいんだよな・・・
【2008/10/05 22:03】 | れびゅーん | トラックバック(0) | コメント(0)

<<

ときどきピスィモー

イベント報告、 買った漫画のコメント、 実況ダイエットなど。

プロフィール

まるた曜子

Author:まるた曜子
別名 むしこ

同人誌とかやってる
漫画・活字中毒患者。
でも最近読み専になりつつ
ありますヨ。

サークル名:博物館リュボーフィ

カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー

カウンター

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する