まとめ
松井優征「魔人探偵脳噛ネウロ19」
高里椎奈 「太陽と異端者 フェンネル大陸 真勇伝」N
伊藤理佐「おいピータン!!11」
日丸屋秀和「ヘタリア2」
鈴木理華「タブロウ・ゲート3」
藤田和日郎「月光条例3」
星崎真紀「ステージママの分際で!2」
大石英司「北方領土奪還作戦6」N
石川雅之「もやしもん7」
荒川弘「鋼の錬金術師21」
森博嗣「MORI LOG ACADEMY12」N
よしながふみ「大奥4」
宮本福助「拝み屋横丁顛末記11」
柏枝真郷「ホーリー・アップル~穴だらけの林檎~」N
西炯子「亀の鳴く声」
白井弓子「天顕祭」
竹宮惠子「ブライトの憂鬱2」
U.K.ル・グイン「西のはての年代記」全3巻N
鴨居まさね「ジベルばら色」
高橋秀武「トクボウ朝倉草平1、2」
オノ・ナツメ「短編集TESORO~テゾーロ」

月の初めは読むものがなくて読み返ししてました。
「彩雲国物語」と遠藤淑子のいくつかのシリーズ。
彩雲国はまとめて読むと怒濤のような展開です。びっくり。主人公のスレぶりに涙。
遠藤淑子は泣かせます。ほろり。みんな生き汚くてステキです。

「フェンネル」 ・・・えーと?フェンはハーフグールってことになるの?そんなばかな。
 イヤイヤこれはミスリード。違うオチが用意されてるハズ。でないとテオとの友情があー!
「ピータン」いつも通りです。でも吉田戦車と結婚したときは驚いたなー。
「ヘタリア」アレ・・・2冊目だから改善されたかなと思ってた画素数がそのまま・・・
 うー読みにくい。しかも登場国物か増えるに従って見分けが・・・描き分けができてねーですよ。
「タブロウ」ウフフ、今一番好きな絵描きさんです。今風じゃないけどね。
「月光」エンゲキブは馬鹿すぎだろう・・・そしてシンデレラ編が終わらなかったことに驚愕。
「北方」遂に1巻から読み始めました。長いなーこのシリーズ。ただいまお風呂の友に。
「もやしもん」今度は味噌と醤油とみりんです!我が家はノンアルコール家族なので
 こっちのほうが身近だわー。
「ハガレン」ここから最終章だそうですよ。暗くてシリアスな展開なのに、キャラがみんな
 「普通の暮らしの延長」なのがいいですね。
「モリログ」ウイットに富んでるとゆーのはこういう人なんだろうなあとつくづく・・・
「大奥」吉宗に戻るまでにはもうしばらくかかりそう。

今月発売じゃないけど
「亀」あー相変わらず夢のようなふわふわしたお話を夢のような美少女と美男子で
 繰り広げております。わりきって読んでる分にはスキなのよねー。
「ブライト」ようやく・・・!買えました。あーAmazon中古のプレミア額で購入しなくてよかったー。
「ばら色」独特だよなー、この人の持ち味は。まあレディースコミックです。エロくない奴。
あと、買ってないけど「それ町」とか「六平太」とか。読みました。

伊藤理佐「女のはしょり道」は買わなかったです。「女の窓」も買ってないしね。
「ピアノの森」は2ヶ月連続延期・・・?
ルグインは買ったけどいつ読むんだろう・・・冬休みかな。
【2008/12/31 21:18】 | 買い物 | トラックバック(0) | コメント(0)
ホーリー・アップル 穴だらけの林檎
ha01.jpg
柏枝真郷 「ホーリー・アップル 穴だらけの林檎」です。

80年代NYの警察官です。
「PARTNER」でこの人読むようになって、他シリーズでもNYばかりで驚くほど。
しかも警官率高っ!

そして、知ってたけどBLかあ・・・これをシリーズで追いかけるのね私。
イエイインデスヨ、スキデヨムンデスカラ。
でも個人的に、男二人でてくるなら、
「腐女子が萌えそうなシチュエーションで、でも友情ー」っていう
ギリギリ感があるほうが好きなんだよねー。
(注:このギリギリはこっちが感じる部分で作者や登場人物が感じてるわけではない)

なので、少し前に出た「Calling」のほうが私の好み。
それぞれ奥さんや彼女がいて、精神的な安定の上に
仕事にかけるカッコイイ男の子が出てきます!成長物です(大人だけど)!!大好物ー。
calling01.jpg
こっちは消防士さんです。
9.11から数年後のNYが舞台。
主人公の次郎と、その後奥さんになるケリーの出会いとなった「その日」の描写が泣けます。
酷い話もニュースでいっぱい見たけど、きっとこういう素敵な話もあったんだ、そう思えました。

どちらも続きが楽しみー。
【2008/12/30 14:09】 | れびゅーん | トラックバック(0) | コメント(0)
おととい見た夢(昨日じゃないのかよ)
おとといやましたとKYT氏とさいさいでご飯をした。

そのときさいさいに
「夢日記は、せっかく脳がストレス発散の為にした行動をまた内に取り込んじゃう作業だから
やらないほうがいいって話ですよ」
と言われたばっかりだったのに、
その日の夜見た夢が忘れられません。


さいさいのブログで、
「スチームクリーナーで掃除して、キレイになって嬉しかった」
と書いてあるのを見て、
「えっ、さいさいスチームクリーナー持ってるの!? いいなー、借りてみたいなー、
ああでも持ってきてもらうのは重いしなー」
と思いました。


という、です。
く、くだらない・・・!
【2008/12/29 23:57】 | どーでもいーけど | トラックバック(0) | コメント(0)
会社の大掃除
デスクまわりやらOA機器やら書庫やらを掃除用具を駆使して磨き上げるのだ!!

自分ちは年末掃除しないけどね。

熱心に片付ける私を見たパートの子に
「むしこさんって家きれいそう」と言われて
「そんなの会社だけさ。
家じゃ3日分くらい新聞がたまってチラシで床が見えなくなって滑るよ」
と返したら
後輩(超物捨魔)に絶句されました。てへっ。

まあそんなこんなで冬休みです。
【2008/12/27 02:31】 | どーでもいーけど | トラックバック(0) | コメント(0)
会社の飲み会
忘年会があったのです。

会社の飲み会ではアルコールを1ミリリットルも口にしないわたくし。
いやあ、飲み放題なんだし一杯くらい飲んだって倒れやしませんが、
「ソフトドリンクで済ませる面々に、どーにかアルコール飲料を飲ませようとする勢力」
に、ついつい対抗してしまうのです。
「こうして会に参加してるのに、飲みたくないって飲み物を飲まなイカン理由はない」
わけですから。
ぬくい烏龍茶やらぬくい緑茶やらヘビーローテで飲んでます。
まあ単純に、冷たい飲み物が嫌いというのもあるな。氷が嫌いなんだよねー。

帰りの道すがら、ひとつ思いつきました。

私食べ物は制覇する上に、残ってるものもつい食べちゃうタイプなので、
「食べる方で大幅カロリーオーバーだから、飲み物でカバーしたいの」と
言い訳してみたらどうだろうか・・・?


より場が白ける言い訳になりそうなので脳内却下しときました・・・
【2008/12/22 21:38】 | どーでもいーけど | トラックバック(0) | コメント(0)
ほんとにどうでもいいな
rak01.jpg
ランキン王国を見てた夫婦の会話。


ちこ「ポニョが流行語?」
わたくし「どこで流行ってたんだろ」
ちこ「むしこ太ったポニョ?」
わたくし「そういう時は『ポニョった?』って使うんじゃない?」


使用方法はいろいろなようです。
(答えになってない)
【2008/12/16 22:30】 | どーでもいーけど | トラックバック(0) | コメント(0)
天顕祭
tenkensai.jpg
白井弓子「天顕祭」。

うーん、買うのをずっとまよってまよってまよって遂に買いました。

・・・読み辛れー!!

話は私の好きそうな設定なのに、主人公とヒロインの顔が好きじゃないのと、
画面処理が薄墨仕様なのですごく見づらいのです。
なので、結論としてあまり心打たず。

といっても、公正を期すならば、「話は面白い」というべきでしょう。

ただ・・・

自分も同人誌で(ほそぼそと)漫画描いてて言うのもなんですが、
ずっとシリアスってつまんないんだよね。
うしろに入ってたオマケ4コマの軽さを本編の中に取り入れられれば
起伏と高低がついてなお良かったのに。
【2008/12/15 22:08】 | れびゅーん | トラックバック(0) | コメント(0)
トクボウ朝倉草平
tokubou01.jpg
高橋秀武(たかはしひでぶ・・・すげーペンネーム)の「トクボウ朝倉草平」です。

えーと、かなり乱暴なけいさつまんがです。ウケます。シュールです。
「ダウナー系」と銘打つだけあって、朝倉警部補はかなりのダウナーです。
「死にたい」がくちぐせ。絶望先生にはります(笑)

まだ2巻しか出てないのでいつ飽きちゃうか分かりませんが、
けっこう現実世界の事件をモチーフにしてるので追っていくのがたのしみ。

とはいえおっさん達が亀甲縛りにあったり男体盛りにあったりと読み手は若干選びそう。
SMネタ多いしなー。
小説にしても漫画にしても、殺伐としてくるとSMは必須条件ですね。
「平等」が幻想で人間に「社会性」があるかぎり、隷属をする側もされる側もそれを求めるわけで、
表現として取り入れやすいんでしょうね。愛があろうがなかろうが。
(まあ、ない場合は拷問ですけど)

それにしても、けっこう荒々しい画なんですが、著者近影が女性。
・・・ほんとかしらー。
私ったら女性に夢持ちすぎかしらー。
男少女身漫画家も繊細な絵描くんだから逆があったっていいわけだが。
【2008/12/14 21:53】 | れびゅーん | トラックバック(0) | コメント(0)
ADAMAS
adamas01.jpg
皆川亮二の連載中「ADAMAS」。相変わらず規模のデカい話を派手な設定で描いてます。

ジュエリーネタは好き。自分じゃあんま着けないけどキレイなものは素敵ですね。
行方不明になった父を探す娘、石と意志疎通できる麗華の武器は
ダイヤモンドが埋め込まれたカイザーナックル。
それ自体が大きいので殴ると痛そうですが、打撃にダイヤはあんま関係なかろうな。
ダイヤは世界で一番硬いわけじゃないからさ。割れるし燃えるし。
だけどこすったり削ったりするのは痛かろーなー。うう、想像したくない。

ところでもひとつ連載中の「PEACEMAKER」も、父の跡を追う息子が出てきます。
皆川亮二はこういう設定が好きなのかしら。
pm01.jpg

【2008/12/13 23:44】 | れびゅーん | トラックバック(0) | コメント(0)
年賀状の季節です
毎年恒例の、「ちこ家年賀状作成withプリントゴッコ」が無事終了しました。

ホントに毎年のことながら、ちこの実家の年賀状を私が作ってます。
私の実家の分ではありません。

かっちり年賀でしかもプリントゴッコを使うという縛りがなかなか難儀。
フツーにプリンターで枠ナシ印刷しちゃうほうがカンタンなんだけど、
手間賃をもらってる身としては(笑)やはり一手間も二手間も入れたいところ。

そんなわけで、いつものように全体はインクジェットで、干支文字をプリントゴッコすることに。
今年はアイロンで金箔風になるアイテムを使用。(熱で溶ける金粉)
かっこよく仕上がりました。自己満足。

しかし既に市場ではプリントゴッコは虫の息。
もう川崎ハンズでは製品の取り扱いがなくなりましたよ。そりゃそーだー。
この「アイロン熱で溶かして使う粉シリーズ」と「金銀インク」はプリントゴッコを使ってしか
できない印刷方法だし、個人的に好きなので見かけたらなるたけ買い締めてんだけど、
いいかげんもうこの縛りは限界ではなかろーか。
このさきどーしよー。あーうー。
【2008/12/12 22:57】 | どーでもいーけど | トラックバック(0) | コメント(0)
ぶらじゃあを買いに
そんなに高いものを買うわけじゃないけど、下着を買うのは好きなわたくし、
行きつけのワコール店から10%OFFのハガキをもらっていそいそとお買い物に行きました。

以前から気になってたワイヤー跡がどうにかならないかなーってのと、
9月からこっち急激に体重増加したのでおそるおそるサイズチェックしてもらったのですが。

「あー、確かにワイヤーがお胸(下着屋はみなこう言う)にのっちゃってますね、
横(俗称脇チチというヤツです)も余っちゃってますし、これはサイズが合ってません。
ワンサイズアップのホニャララ(ヒミツ)にしましょう」
うへえ、やっぱ太った所為!?
「違います。人間の身体って結構変わるものなんですよ。
それにゆったり目がお好きなよう(えっ、みんなどんなキツイの付けてんの!?)ですが、
アンダーは70のままで変わってませんから。

(ちなみに、
こないだセミオーダーのところで作ったのはアンダー67でした。
既製品は5センチ幅だからホックで調節)

それじゃ試しにこちらを付けてください。・・・あーいいですね、
キチンと包んでます。ワイヤーが狭かったせいですよ、どうですか、ほら!」

・・・とまあ、こんな会話して、あれ、相変わらず私の太り分は下半身にばかりついてるのか・・・
と、うれしくない納得をしつつも
いくつか欲しかったものを手に入れて帰ってきました。
そしておうちでちこにこの話をしたところ、

「なんだよ!がっかりだよ!!ホニャララカップってそんなもんなのかーよー・・・。
はあー、やっぱFとかGとかHとかないと『おっきい!』ってカンジにならないんだなー・・・」

と、たいへん落胆されました。
んー、同じこと私も思ったけどね!(笑)
【2008/12/12 01:51】 | 買い物 | トラックバック(0) | コメント(0)
12月の買い物
12/4ネウロ・高里 12ピータン 18月光 19ステージ 20北方 22ピアノ・もやしもん 24大奥 25柏枝講談・夜は短し・拝み屋 忍者飛翔 ○マ

やっぱ少ないですね。
マルマシリーズは前作も買ってないんだよな・・・どうしよう。
飛びつくほど好きじゃないんだよなー。
【2008/12/04 23:28】 | どーでもいーけど | トラックバック(0) | コメント(0)

<<

ときどきピスィモー

イベント報告、 買った漫画のコメント、 実況ダイエットなど。

プロフィール

まるた曜子

Author:まるた曜子
別名 むしこ

同人誌とかやってる
漫画・活字中毒患者。
でも最近読み専になりつつ
ありますヨ。

サークル名:博物館リュボーフィ

カレンダー

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

カウンター

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する