青春鉄道
tetsu.jpg
青春(あおはる)「青春鉄道」

同人誌持ってます(笑)

これが出るのを知ったとき、
「イヤ、同人持ってるしいいよな別に」とおもったのですが、
いざ本屋で見かけたら

3秒しか迷わず買ってました。

読んでないネタが多かったので満足。

私の鉄分はあまりないですが(そもそも出不精だし・・・)
仕事柄(不動産屋アンド転勤で)路線図にはとっても係わるので毎回ニヤリとさせられます。

ハメハメハ大王武蔵野線は通勤に使ってましたし、
乗換番線をどーにかしろの上野駅発着高崎・宇都宮線も通勤に使ってましたし、
何で東武か東上線は物件がいっぱいあるし、
1キロって・・・の東武大師線にも物件あるし、
錦糸町勤務なのに半蔵門~伊勢崎線の乗入絡みで松原団地(埼玉)まで管理管轄だし
京浜東北線は十年来の通勤電車だし・・・

新しいところではつくばエクスプレスや大江戸線、
マイナー線では舎人ライナーや東武亀戸線や埼玉高速鉄道だって物件ありますよ。

鉄道擬人化は今や定番になってます(たぶん・・・)が、
青春さんの性格付けはかなり納得いきます(笑)


難点は、
これ原稿サイズの問題かな、トーンがほとんどモアレってんですよね。
ほぼ全ページじらじら。
背景もじらじら、描き分け用髪トーンもじらじら。
ちょっと見づらいんですよね。もったいないな。
【2009/06/23 22:22】 | れびゅーん | トラックバック(0) | コメント(0)
出版社事情
ここんとこ新聞の見出しに
ブックオフ株取得やら
返本率ダウンの為の責任販売制普及やら
でてますね。
ベストセラーはともかく、
在庫整理の値下げ販売が書店判断で
できるようになるならいいなー。
古本屋も重宝してるけど、
書店が潰れるのは困る。

まあ責任販売制も
問題がないわけじゃないでしょうが。
とりあえず取次がなくなるのが先かなー。
【2009/06/23 09:03】 | どーでもいーけど | トラックバック(0) | コメント(0)
ガラ仮面と有川浩
きっかけは忘れたけど、
「ガラスの仮面」を全巻読み返しました。
すげーなこの話。
10年ぶりの再読でしたがあらためてびっくり。
おもしろいなー。

おもしろいんだけどなー。

いいかげん終わらせてくんないかなー。

携帯はコミックスが出た当時、物議を醸し出しまたが、
通しで読むとまあいいかと。「風の大地」とかも平気で舞台を現代にしてるし、
長期連載物にはままある話だなと。

それより

マヤがもうハタチぐらいなのに、
登場した13歳からあまり(外見に)成長がなくてかわいそうです。
「もう人を愛する女」になってるのになんつーか・・・



そんな恋愛成分に刺激されて、
有川浩を読み返しました。

あー、
この身もだえ感がたまりません。
女性登場人物の心情の吐露のエロ乙女度が絶妙です。

そんで常々謎でしたが、
自分の母親世代の人が若い頃・・・というか、今の私と同じ頃、
読んでいただろう小説にでてくる女性って、
もっと女の部分が生々しい上に男女関係がどろっとしてる気がするんですが
どうでしょう。

今でも
日経新聞夕刊で連載してるような「オンナの生々しい恋愛駆け引き」とか
あんまり読んでで共感できないんですが、
どうなんでしょう。

単に
私がおさないうずうずする恋愛がジャンルとして好きなだけなのか、

それとも
今私と同世代の女性陣は一様にこうなのか。

ふしぎだなー。
【2009/06/18 23:04】 | どーでもいーけど | トラックバック(0) | コメント(0)
老ヴォールの惑星
old.jpg
小川一水「老ヴォールの惑星」

短編集です。
「漂った男」がかっこいいお話です!
なにしろ状況がすごい。
水の惑星にただひとり、漂流し続ける元パイロット・タテルマ。
陸地のないその星は、出身地アーソンと大気の構成が似ていて
ヘルメットをはずすことはできたが、
口にできるのはその水のみという「他に何もない」星。
ただ通信機だけが「人間社会」とつながる手段という設定がずば抜けてます。
生きること、考えること、思うこと・・・
あくまで視点をタテルマ少尉の一人称に絞ることによって
描き出される世界がより想像力をかき立てられます。
ラストもすがすがしくて、満足。

「老ヴォールの惑星」もSFって感じです。
地球外生命体を書くというのは、書き手も受け手も頭使うなー。
一番短いのにしんみりしました。

地球外生命体の描写では、EEスミスのレンズマン(初期)が好きだな。
「レンズの子ら」あたりから違ってくるけど。(アリシア人め・・・)
あとはティプトリーの「愛はさだめ、さだめは死」。
短編集のひとつに、とある生き物の生殖活動についてやたらじっくり書いてあって、
エロいんだかエロくないんだか首をひねりながら読んだのが印象的です。
【2009/06/07 21:52】 | れびゅーん | トラックバック(0) | コメント(0)
首相専用機を追え!
sc.jpg
大石英司「首相専用機を追え!」

ちょっとSF、作者お得意のタイムトラベル仕立て。
そんでもって、リザードこと田口くん大活躍。うへへ。

「オイル・ストーム」以来、
どう見ても作者お気に入りキャラのリザード、私も好きですよ。
とはいえ、どの話も微妙に繋がってないサイレント・コアシリーズ、
生い立ちも少々変わってます・・・

ま、しょうがない。
音無隊長だって随分ポジション(役職じゃなくてキャラとして)が変わってるし、
「新世紀日米対戦」より前のは読んでないので土門小隊長や司馬小隊長が初登場の
話を知らないんですけど、
どうも大分過去の設定は死んでるっぽい。

近未来&現代シミュレーションはなあ・・・
もともと「if」の話なんだから、あんまりつっこむ所じゃないよね。
とゆーわけでスルー。気にしないのが一番。
大丈夫、キャラ萌えならば。
【2009/06/06 23:57】 | れびゅーん | トラックバック(0) | コメント(0)
6月の買い物
6/1茅田砂胡「レディ・ガンナーと虹色の羽」
4高橋秀武「トクボウ朝倉草平4」
5紫堂「恭子王子の優雅な生活(仮) 2」
6むんこ「らいか・デイズ8」
10岩本ナオ「町でうわさの天狗の子4」
12磯谷友紀「本屋の森のあかり5」
末次由紀「ちはやふる5」
16鈴木里華「タブロウ・ゲート4」
18藤田和日郎「月光条例5」
19仲村佳樹「スキップ・ビート!22」
星崎真紀「ステージママの分際で!3」
鴨居まさね「君の天井は僕の床1」
23あさりよしとお「るくるく10」
ひぐちアサ「おおきく振りかぶって12」
CLAMP「×××HOLiC15」
オノナツメ 「COPPERS2」
やぶうちゆうき・たかもちげん「警視正 椎名啓介12」
山形石雄「戦う司書シリーズ9(仮)」
25華不魅「鉄錆廃園1、2」
駒崎優「扇舞う1」N
30ゆうきまさみ「鉄腕バーディーEVOLUTION2」
河合克敏「とめはねっ!5」

あ、今月も定金さんがいない・・・病状が酷いのか・・・どちらにせよ、大河失敗・・・
自家感作性皮膚炎だそうです。
「人間の忍耐力の限界を超えた痒み」が特徴の病気らしい。
本人曰く「「花粉症で目が痒くて仕事にならない!」という状態のずっと烈しいやつが
全身くまなく覆ってる感じ。寝られるわけないだろ!と自分ツッコミ」状態だそーで。
うう、かわいそう・・・
【2009/06/05 20:31】 | どーでもいーけど | トラックバック(0) | コメント(0)
5月のまとめ
松井優征「魔人探偵脳噛ネウロ21」
雪乃紗衣「彩雲国物語 黄粱の夢」N
重野なおき「ひまじん5」
青桐 ナツ「flat2」
藤栄道彦・いしぜきひでゆき「コンシェルジュ16」
柴堂恭子「聖なる花嫁の反乱4」
池田 さとみ「辻占売8」
聖悠紀「超人ロック・ニルヴァーナ1」
弓月光「甘い生活36」
あざの耕平「BLACK BLOOD BROTHERS11 -賢者転生-」N
サライネス「誰も寝てはならぬ11」
とりのなん子「とりぱん7」
秋月りす「OL進化論29」
大石英司「首相専用機を追え!」N
五代ゆう「パラケルススの娘8 クリスマス・キャロル」N
おがきちか「Landreaall14」
今市子「悪夢城の主」
こいずみまり「家政婦のエツ子さん4」
東鉄神「いけませんお嬢様!」
陸野家鴨「少女の妄想はいつひらく?」

今月じゃない分
九条菜月「ヘクセ 下 オルデンベルク探偵事務所録3」N
柏枝真郷「絆 ニューヨーク1897」N
オノ・ナツメ「さらい屋五葉6」
細野不二彦「ダブル・フェイス18」
岡崎二郎「宇宙家族ノベヤマ2(最終)」
ひかわ玲子「龍の七部族」N
獣木野生「パーム」
こうの史代「この世界の片隅に上中下(最終)」
御徒町鳩「みどりのまきば1」
重野なおき「うちの大家族7」
御徒町鳩「腐女子っス!1、2」
小川一水「老ヴォールの惑星」「不全世界の創造手」N
陸野家鴨「未確認幼なじみ上下」

ちこ買い
大河原遁「王様の仕立て屋~サルト・フィニート~22」
山田まりお「三色だんご2」
師走冬子「奥様はアイドル1~3」

「彩雲国」短編集でした。今まで切れ切れに語られてた過去話がやっと収拾されました。
「ひまじん」重野なおきはこれが一番面白い。とゆーか他が・・・
「コンシェルジュ」安定して面白いなあ。
「辻占売」これも安定して安心。今回はウィンター・ミッションがいいな。
「ロック」やっぱ私にとってロックは一番ヒーローなんです。ああーカッコいいなあ・・・
「パラケルスス」過去編。らぶですよらぶ!
「ランドリ」あーもー大好きだ!!なんてかわいらしんだ君たち!買ったその日に5回も読んじゃったよ(笑)
「悪夢」今市子の短編ってみんなこんな感じ。安定してるというのか。
「お嬢様」表紙で損してるなー。鉄神さんの男キャラは目つきが悪くて好きだなー。
「妄想」この人どんどん上手くなるなーエロ。
「ヘクセ」このシリーズの中では時間軸が一番古い話。前作に比べるとちょっと山場が弱いなあ。
「五葉」・・・惰性で買ってるなあ。うーん。
「パーム」・・・うーんうーん。うーん。
「サルト」日本編再び。姫路は自分に縁ある地なので、革の回はより熱心に読みました。が、
職業として、昔は差別職だったんだよね・・・
「奥様」雑誌で連載開始から読んでるんだけど、どんどん面白くなるので遂に購入。奥様で女子高生でアイドルでもちろん結婚は秘密っていうベタな設定で、キチンと面白いところがいい。

買わんかった・・・
ながいけん「神聖モテモテ王国[新装版]1、2」
まあ5、6巻が手に入ればいいかなあ・・・
【2009/06/04 21:30】 | れびゅーん | トラックバック(0) | コメント(0)
未確認幼なじみ
mikakunin01.jpg
陸野家鴨「未確認幼なじみ」上下

最初に言っときます、成人ではありませんがエロです。
嫌いな人は避けようね。

すばらしいです、流され主人公大地くん、トータル8人?流されまくりだよキミ・・・
そんだけこなしてここまで話をまとめるとは・・・やるな陸野家鴨。

ダブルヒロインなのは当初からわかってましたが、
なにしろメイちゃんがかわいいので、水音はどうなるかと思いました。
が、水音もかわいかったのでヨシ(何様だ)。

あとねー、最終話のねー、月矢(弟。表設定小6、裏中1)が激!かっこいい!!です。
なんと、ダブルヒーローでしたか。
メイがシアワセなのですべて良し。

厦門潤が好きでこっちも追いかけてますが、
長編エロじゃ一番好きだなー。
今まで短編はともかく長編はビミョウなのが多かったから・・・
【2009/06/03 23:56】 | れびゅーん | トラックバック(0) | コメント(0)
絆 ニューヨーク1897
newyork.jpg
柏枝真郷「絆 ニューヨーク1897」

作者本人が初SFであることに凄くこだわってましたが、
ライトなタイムスリップ物として充分楽しめる話でした。

科学捜査と言う言葉がない世界でNY市警鑑識課員はなにができるか?
病院事務員の祖父ダグラスの身体に精神だけタイムスリップしたダグラス5世。
祖父の友人や祖母になるはずの女性の運命に、どこまで係わっていいのか。
特に友人ルイスの運命を、変えることはできるのか・・・

タイムスリップに必ずテーマになる、
「過去は変えられるのか、それともそのかかわりまで含めて今の世界なのか」
が柱のひとつですが、
面白いのは
「今の世界で使われる科学捜査を、どこまで過去の世界で披露していいか、
またどう代用するか(なにしろ道具がない)」
が書かれてる部分じゃないかな。

村上もとかの「仁-JIN-」も、江戸末期にタイムスリップした脳外科医が
医者として生きる話で、いろんなもの代用して治療やら手術をしてます。
最近は特別に作っちゃってます。メスやら鉗子やら。

一冊読みきりなのがもったいない設定でした。
そしていつものミステリーもなるほどってなもんです。
タイムパラドックス部分もまあいい解決方法と思います。
私あんまりコアなSFファンじゃないもんで。面白ければ解釈は自由かなぐらいですよ。
【2009/06/02 21:15】 | れびゅーん | トラックバック(0) | コメント(0)
flat
flat01.jpg
青桐 ナツ「flat」 1・2巻。続く。

1巻のオビの「お前なんかおちぶれてしまえ」で買って、
秋くん(推定4歳児。年齢でてたっけ?)にめろめろでノックアウトですよ(表現が古)。
あああッ!かわいいなあ!!
2巻は平介の高校友達にスポットが多く当たってましたが、
長谷さんの話がなくて残念・・・

まあなんというかとにかく秋くんがかわいいんですよ。
「平介はこれを作ってくれた」ホットケーキ事件(?)や
「はじめてのおつかい」による「おれ、ちちくさくない表明」とか
んもう!
布団で巻いて坂道を転がしたいぐらいかわいいんですよ!
(どんなかわいがりかたかそれは)

2巻が出た頃、
川崎BE有隣堂では新刊棚にどどーんとスペースが用意されてたのに、
「品切れです」って貼られてたのが印象的でした・・・
【2009/06/01 21:43】 | どーでもいーけど | トラックバック(0) | コメント(0)

<<

ときどきピスィモー

イベント報告、 買った漫画のコメント、 実況ダイエットなど。

プロフィール

まるた曜子

Author:まるた曜子
別名 むしこ

同人誌とかやってる
漫画・活字中毒患者。
でも最近読み専になりつつ
ありますヨ。

サークル名:博物館リュボーフィ

カレンダー

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

カテゴリー

カウンター

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する