年末です
1月の買い物予定が入ってるつもりでいたら入ってなかったり、
年賀状描いてなかったり
自分ちすらやってない窓拭きを実家でやる羽目になったりしつつ、
ゆるりと年末です。

みなさんよいお年をお迎え下さいまーせー。
【2009/12/31 14:57】 | どーでもいーけど | トラックバック(0) | コメント(0)
12月のまとめ
雪乃紗衣「彩雲国物語 暗き黄昏の宮」N
夢枕獏「陰陽師 夜光杯ノ巻」N
むんこ「らいか・デイズ9」
吉川うたた「キャラバン・サライ」
佐々木淳子「ディープグリーン4」完
末次由紀「ちはやふる7」
鈴木理華「タブロウ・ゲート5」
有川浩「シアター!」N
古橋秀之「龍盤七朝 ケルベロス1」N
松江名俊「史上最強の弟子ケンイチ36」
椎名高志「絶対可憐チルドレン19」
東鉄神「ヘンコイ!」
CLAMP「×××HOLiC22」
とよ田みのる「友達100人できるかな2」
ひぐちアサ「おおきく振りかぶって13」
やぶうちゆうき・たかもちげん「警視正 椎名啓介13」
荒川弘「百姓貴族1」「鋼の錬金術師24」
鬼頭 莫宏「ぼくらの11」完
冨樫義博「HUNTER×HUNTER27」
五代ゆう「パラケルススの娘9」
三島衛里子「高校球児 ザワさん3」

今月じゃない分
香月日輪「妖怪アパートの幽雅な日常2」N
フリッツ・ライバー「魔の都の二剣士」「霧の中の二剣士」「ランクマーの二剣士」
「死神と二剣士」N
ロビン・ホブ「騎士の息子上下」「帝王の陰謀上下」「真実の帰還上下」N
古橋秀之「超妹大戦シスマゲドン1~2」「タツモリ家の食卓1~3」N
佐藤両々「そこぬけRPG3」
木下祥「マルゴの調停人」「マルゴの調停人 鬼の哭く森」N
縞田理理「竜の夢見る街で2」N
栗原ちひろ「世界画廊の住人」N
片理誠「終末の海-Mysterious ark-」N
アン・マキャフリー「バーンの竜騎士5」「バーンの竜騎士 外伝2」N
今野敏「神南暑安積班」「二重標的-東京ベイエリア分署-」「虚構の殺人者」
「硝子の殺人者」「陽炎」N
ろびこ「となりの怪物くん1~3」
パトリシア・マキリップ「チェンジリング・シー」N

買わんかった
栗原ちひろ「世界画廊の住人―地下迷宮の物語―」たぶん年明けに・・・


感想は、最近つぶやいてるので転載してみます。
めんどくさくなったらどっちかやめるかも。

「らいか」かわいいけど、竹田とのラブ話は食傷気味。「これまでのあらすじ」はイイ!
「キャラ」あれ、途中じゃん。
「DG」全4巻ってこれで!?それはどーかなー・・・
「ちはや」うーん、展開してるんだかしてないんだか。おもしろいけど。
「シアター」小粒だけどピリリと辛い、おいしい物語。
「ケルベロス」最近はあんまり「人がゴミのように死ぬ」話は面白さを感じないんだよねー、
 疲れるから。
「絶チル」この割り切ったオタク向け感は嫌な人もいるんだろなー。
「ヘンコイ」おお、予想以上に変態な恋人達でした。放尿は守備範囲外だ・・・
「ホリック」ツバサも終わったし、こっちもそろそろ山場かな。
「友100」2巻で12人。まだまだ続くよ!
「大振り」三橋がッ!成長してます!!やっとというか成る程というか・・・がんばれ!
「椎名」のんびりしてるが悩みは尽きない本池上署。
「百姓」素敵です荒川弘。根性ってこうやって作られるんだなあ。
「ハガレン」ううん、このへんはまとめて読みたいなあ。
「ぼくらの」最後まで非道い話でした。すげー。これで完結かー。
「ハンター」・・・面白いんだけどさあ・・・話進まねーなー。
「パラ」ってエエッ!?2冊同時刊行してよ!せめて2ヶ月連続刊行とか。
 うわあ、この展開でまた半年以上待つのかしら・・・
「妖怪」神アホでかわいい・・・
「ライバー一連」訳なのか元なのか読みにくくて止まってます・・・あと1冊ないし。
「古橋一連」うーん、ラノベって感じ。
「マルゴ」結構えげつないシーンがあって驚いた。展開が慌ただしくて面白し。
 鬼は前作よりのんびり。舞台が日本だからかな。
「竜」あいかわらずのほんわかふわふわ。縞田さんは「お人好し」がうまい。最終巻が待ち遠しい。
「世界画廊」なかなか面白設定。とはいえ、美術をかじった身からして、キモの手があれって
 ちょっと弱くない?と思ったり。2巻でるのかー買うか。
「海」12歳男の子、すごい大変。デビュー作はまだまだ感があってかわいらしい。
「怪物くん」ういういしい恋愛模様!夏目ちゃんがかわいいっす。って主役じゃないし。
【2009/12/31 14:53】 | れびゅーん | トラックバック(0) | コメント(0)
実家
さっそくやることがありません(笑)

そんでここを更新するべくやってきました。
ハハオヤとしゃべりながら。

チチオヤはギターをひいとります。
岬めぐりを歌ってます。

のどかだ・・・
【2009/12/30 20:36】 | どーでもいーけど | トラックバック(0) | コメント(0)
ひめじめいぶつ
土曜に悪ダチ共と忘年会というごはんしてきました。
連れてってもらったのが「どろ焼」。「どろ」はどろどろの意。へー。
素材はお好み焼きっぽい物で、でもやわらかく、
もんじゃとはちがうふわふわオムレツみたいな感じ。

おいしかったよ!

ただ、これ「姫路名物」らしくて。
姫路名物といえば、「姫路おでん」というのもありますね。生姜醤油でいただきます。
今年知りました。会社の後輩から。
0歳から姫路訪問してますが、なんですかそれ。

「どろ焼きって大阪で初めて食べたんだけど、おいしかったからさ!」
へー、大阪で。なんでも関西メインで出店してて、東京は池袋店だけとか。
そーなんだー、どろ焼きねー、
聞いたこともありません。

店では「姫路特有」みたいな言い方で鉄板で作る丸くないたこ焼き(どうみてもオムレツ型)を
プッシュ。
うーん、そーかー。


姫路出身の母親は以前、「姫路おでん」は「昔はあんな名前じゃなかったのよ、
あっちでは関東炊って呼んでたおでんとは違う食べ方だったのに」とゆーとりました。
かんとうだき。なんという皮肉。関東じゃこんな食べ方しませんがな。

今回も尋ねてみたところ、「どろ焼」は「初めて聞いた」と言ってます。

・・・まああれよね、
静岡富士宮出身のちこ親も、「富士宮やきそばなんて聞いたことナイ」と言っとりました。
そういうことよねー。

古くて新しいご当地グルメ。微妙な気分になるけど、おいしいから、まいっか!


そんなわけで、オススメ情報。
姫路駅地下のタコピアで、明石焼きを食べよう!
ふわっふわでトロトロで、んまーいです。
コツはソースをたっぷり塗ってから、出汁につけて!
本場明石(玉子焼き)ではソースつけないらしいよ!知らなかった!
明石焼きってソースつけるとすり込まれてた!
どうりでこっちで注文してもソースがついてこないわけだ!!
でもちゃんと個別だよー。丸くはないけどくっついてないよーほんとだよー。
【2009/12/28 20:06】 | どーでもいーけど | トラックバック(0) | コメント(0)
ファーシーアの一族
assassin.jpg

ロビン・ホブ「ファーシーアの一族」全6巻

虚脱・・・

あーあーあー、あーつーかーれーたー。
知恵熱出てますよ、たぶん。

すっごくつらくてすっごく理不尽でそして静かな満足と悔恨。
そんな旅をしてきました。
とある少年の、狼の、王子の、道化の、妃の、若い恋の、愛の、飢餓の、死の、物語です。

以下は創元のあおり。

 “技”とよばれる力を持った遠視者一族が治める六公国。そこに、継ぎの王の私生児として
 生まれた男の子がいた。庶子(フィッツ)と名付けられたその子は、王の命で密かに
 暗殺者としての教育を受ける。折しも宿敵外島人の赤い船団による沿岸地域への襲撃が
 激しさを増し、六公国は次第に疲弊してゆく。王家の影として生きる宿命を背負った
 少年の成長と試練。魔法と陰謀が渦巻く異世界ファンタジー。

です。


はあー・・・。

ため息ばかりですが、本当にすばらしいおはなしに、出逢いました。
ファンタスティックというきらきらしい言葉からは遠く離れたファンタジーですが、
<騎士(シヴァルリ)の息子><帝王(リーガル)の陰謀><真実(ヴェリティ)の帰還>と、
3部作が各2巻ずつ、しかもどんどん厚くなる、辛いこと9割、幸いなこと1割、しかも
その幸いがより痛みを伴うというのに
読後感は静かな感慨深さでした。

あー、あれに似てるな、「ゲド戦記」を3巻で終えた時の読後感。

やるせなさや憤りも確かにあるのに、
登場人物の生き様そして死に様に不条理だと叫びたいのに、
納得させられてる私。
だって、頷かないわけにはいかない。
彼らはやらなきゃならないことをし、やれないことを諦め、
涙し罵りながら手に入れた結末だから。

それを否定できない。


それにしても、生きた人を描く、というのは、難しいことです。
(日本の作家で私が筆頭にあげるのは宮部みゆきですねー)
たった3行ほどの描写で
そのひとがなにを望みどんな道を歩んできたか、ふとした仕草に忍ばせる。
ほんの回想で失われたひとの愛を輝かせる。緻密で丹念な積み重ねによって恐怖を伝播する。
ロビン・ホブの、描写力は脱帽としか。
これだけの登場生物を縦横無尽に操る手腕は本当にすばらしい。
異世界ファンタジーというのは、
どれだけその世界に説得力を持たせられるかでリアル感が決まると言っても
過言ではないでしょう。
人がいて様々な思惑があって、ご都合主義ではいられない焦燥感。

ご都合主義の、しあわせな話だってもちろん好きです。

でも人生は常に、自分の思うようにはならないと、みんな知っているわけで。
どんなに端から見て成功していようとも、イチローは10割打者じゃないしウッズは2位になる。
努力でもって最高値をひたすら目指すことはできると証明されているけれど
生き物としての限界値は超えられない。
ましてや努力を放棄したなら夢物語を語る権利も放棄したのだと自覚すべきな訳で。

みんなしあわせになってほしいと願うだけでは生きた人は描けない。
人は苦痛と喜びの両方を持って成長するから。

私自身は平穏で比較的安穏とした
「まあしあわせなんじゃない?」と声に出して言える暮らしをしてるけれど。
物語にかつえてるのは痛みを忘れないためかもしれません。

そして今 満足です。






そんな静かな感想を抱きつつ、
1月から始まる新たな「道化の宿命」シリーズが待ってます!
しかも同じ3部作なのに第1部で3冊。・・・一体全部で何冊・・・!?
<真実>だって上下巻計5㎝のずっしり感満載だったのに!!
うー、たーのーしーみー。
結局、飢えは食べ続けなければ消え続けないのれす。
人間って燃費悪いね!
【2009/12/28 02:00】 | れびゅーん | トラックバック(0) | コメント(0)
b-flower好きだったなあ
四コマ王子の小坂俊史が、b-flower復活と書いていたのですが
半信半疑でいたところ、

b-flower 八野英史の音楽日記 クローバークロニクル2

というブログがあるのを発見。ほんとだったー!!

アルバムでるのかなー。たーのーしーみー。
【2009/12/21 22:57】 | どーでもいーけど | トラックバック(0) | コメント(0)
つぶやき始めました(12/1から)
そう、ついったーってヤツです。
読んだ物の感想がメインで。
ホントに一言コメントです。ネタバレしないようにはしてるしね。

しかしこれを始めた時点で携帯のプランを変更したのですが、
驚くほど高額に。
やべえ、大丈夫かパケットプラン。
始めの数日間、設定やら確認やらで随分使ったのは確かですけど、
その後も日に2~3回アクセスが増えただけであんなにうなぎのぼるとは・・・恐るべし。

それでも会社のバイトちゃんに聞いた月額使用料に比べたら断然安いのだが。

みんなケータイには金かけてんなー。
ちこなんか毎月2,000円いかないよ! au安いなーとか思ってたらそういう事じゃなかったみたい。
【2009/12/21 21:22】 | どーでもいーけど | トラックバック(0) | コメント(0)
クリスマスプレゼント
ちことふたりで川崎駅前のヨドバシへ。

エッレー人だなオイ。

予定通りSONYのWALKMANを買ってもらいました。
横須賀線地下レールに負けないノイズキャンセラを求めてNW-A847を。
ipodと迷ったけどねー。touchは重い・・・

そしてずーっっっっと迷ってたポケットWi-Fiは見送りに。
うー、欲しいんだけどね・・・DSもPSPもipodも関係ないとなると使うとこないなーという現実。
それならWALKMANやめてipodtouchにて、ノイズキャンセラ付きのいいヘッドホン買えば、
とゆー考え方もあったんだけど、あいつでメールが打てるとは思えない・・・
WALKMANの方にもXシリーズっていう無線LAN対応機種があったんだけど、
どっちにしてもあのタッチパネル液晶画面で文字打つのはタイヘン。

まあ慣れかもしれないけどね・・・

感度良すぎて隣のキーに反応されてちゃ私はムリだ・・・

あと、ウチの工人舎SCネットブックを買い換えるかなんかしないと・・・
この後継機にwin7でSSDタイプでないかなー。600gアンダーを目指して薄くして欲しい。
それとメモリは2GB欲しい。
したらサクサク動くかなー。
いますごく鈍くさいんだよなー(泣)しかも有線なのにネットがすぐ切れる・・・

たぶんいろいろオーバーしてるんでしょう。マシンスペックに対して。

さー春には携帯変えるぞー。機種は決めてあるのでドコモポイントを増やす努力をするのだ。
手始めにアンケートとエポスポイントの移行だー。
【2009/12/19 23:16】 | どーでもいーけど | トラックバック(0) | コメント(0)
年賀状パニック
毎年ちこ家の年賀状を作ってから自分のに取りかかるのだが

どーしよう。ノープラン。



ちこ家の年賀状と言えば、じつのところお小遣いがでてるので、
真面目にやらざるをえませんが(もう今年はいいんじゃ・・・と思ってもそれは口に出せず)
今年はいつものPCアンドプリントゴッコにプラスして和紙を切り貼りをして
それなりに手の込んだ物を作ったのですが、

インクジェット用年賀状のレベルアップに大誤算。
ぜんっぜんゴッコインク吸わねーの!ビックリ!!
エー、アンタ去年ハコンナコトナカッタワヨネ!?

あれー、インクが乾いちゃったのかなあ、ぜんぜん刷れない、カスカスだあ、しかたない、もう一版作り直そう、スクリーン買って来なきゃ、あれー、電池も新品に替えたのにまだ駄目だ、あれ、でもプリントゴッコ用試し刷り用ハガキにはちゃんと刷れるな・・・んん?まさかもしかして、紙?紙なの?でももう50枚インクジェットプリント済且つ和紙貼り済になっちゃってるのにこれ全部パア?パアってこと??そして全部やり直し?・・・ショックー・・・

「ふつう」のハガキでは綺麗に出来ました・・・インクジェットプリントは粗くなったけど、
どっちがマシかっていったら断然このほうが。

ふーやれやれ。
どうにか思ってたとおりの物が出来て一安心一段落。
時給換算したらお小遣いなんて儲かってないよ!ホントだよ!


で。
もう自分の作るのめんどくさいなあ・・・とゆーか、ノープラン・・・
【2009/12/16 22:37】 | どーでもいーけど | トラックバック(0) | コメント(0)
最近の暮らしは
寒いざんすね。

1年中出てるコタツで惰眠をむさぼりつつ
ろびこの「となりの怪物くん」とかラッキーの「ヴァルデマール年代記」とかロビン・ボフの「ファーシーアの一族」とかフリッツ・ライバーの「ファファード&グレイ・マウザーシリーズ」とか読んでますが、実際のところ

積ん読が主です。

買うスピードと読むスピードが合ってません。
これが俗に言う二次曲線・・・マイナス時代はないとゆーのに。
あまりの本の増加率にちこがおののいてます。さ す が に。
【2009/12/10 23:04】 | どーでもいーけど | トラックバック(0) | コメント(0)
12月の買い物
12/1雪乃紗衣「彩雲国物語 暗き黄昏の宮」
7むんこ「らいか・デイズ9」
11佐々木淳子「ディープグリーン4」
末次由紀「ちはやふる7」
16鈴木理華「タブロウ・ゲート5」
18松江名俊「史上最強の弟子ケンイチ36」
椎名高志「絶対可憐チルドレン19」
東鉄神「ヘンコイ!」
22CLAMP「×××HOLiC22」
とよ田みのる「友達100人できるかな2」
ひぐちアサ「おおきく振りかぶって13」
やぶうちゆうき・たかもちげん「警視正 椎名啓介13」
25鬼頭 莫宏「ぼくらの11」完
五代ゆう「パラケルススの娘9」
26三島衛里子「高校球児 ザワさん3」
31栗原ちひろ「世界画廊の住人―地下迷宮の物語―」

あと
海堂尊の「ブラックペアン」と香月日輪の「妖怪アパート3」が文庫になるんだよね・・・
どーしよっかな。
【2009/12/05 00:51】 | どーでもいーけど | トラックバック(0) | コメント(0)
11月のまとめ
長友健篩・城アラキ「バーテンダー15」
大河原遁 「王様の仕立て屋~ サルト・フィニート~24」
高橋秀武「トクボウ朝倉草平5」
山口美由紀「天空聖龍~イノセント・ドラゴン~7」
麻生みこと「そこをなんとか3」
野間美由紀「パズルゲーム☆トレジャー2」
三原ミツカズ「死化粧師6」
岩本ナオ「町でうわさの天狗の子5」
水上悟志「惑星のさみだれ8」「戦国妖狐3」
入江亜希「乱と灰色の世界1」
市東亮子「BUD BOY <番外編>春指南」完
小池恵子「うちは寿!2」
藤田和日郎「月光条例7」
弓月光「甘い生活37」
マーセデス・ラッキー「ヴァルデマール年代記 魔法の使徒 上下」N
とりのなん子「とりぱん8」
サライネス「誰も寝てはならぬ12」
大橋ツヨシ「エレキング12」
きくち正太「おせん真っ当を受け継ぎ繋ぐ。1」
施川ユウキ「え!? 絵が下手なのに漫画家に?」
聖悠紀「超人ロック エピタフ4」完
茅田砂胡「オディールの騎士 クラッシュ・ブレイズ」N
おがきちか「Landreaall15」
松本花「ティンク・ティンク5」完
二ノ宮知子「のだめカンタービレ23」完
宮成楽「晴れのちシンデレラ2」
ゆうきまさみ「鉄腕バーディーEVOLUTION2」

今月じゃない分
鈴木有布子「空ちゃんの恋~お振るいあそばせ!~」
アン・マキャフリー「青い瞳のダミア」N「フリーダム・チョイス」N「クリスタル・シンガー」N
「キラシャンドラ」N
久美沙織「竜飼いの紋章1」N
ツジトモ・綱本将也「GIANT KILLING5」
妹尾ゆふ子「夢の岸辺1・2」N
真田ぽーりん「ドボガン天国2」
こいずみまり「みずほアンビバレンツ3」

買わんかった
小坂俊史「せんせいになれません6」 雑誌読んでるからいっかなーと。
小池田マヤ「私立男装学園1」 もう小池田マヤはいいや・・・
森博嗣 「εに誓って」N 古本で探そーっと。
陸乃家鴨「ピンク・ペッパー -陸乃家鴨短編集‐」フツーの本屋に売ってない・・・

「サルト」毎回毎回楽しみにしてるマンガ。また全巻読み返しちゃったよ。
「トクボウ」不思議なマンガだ・・・・
「なんとか」裁判漫画の中では一番軽くて一番ゆるいんじゃあ。それだけに身近なネタで好き。
「死化粧師」恋愛模様が込み入ってきたなあ。それはそれとして、エンバーミングの知名度が
 もっと上がるように、売れて欲しいですこの漫画。
「天狗」予定調和に向かって、昏迷してきました!岩本ナオはネームセンスがステキ。
「さみだれ」もーう面白いなあ!
「妖狐」うう、泣いた・・・水上悟志はまんががうまいなあ。
「乱」うっまいなあー絵。そんでこの危うい話。うまいなー。
「BB」惰性なのですよ。終わってよかった。
「寿」次女・・・私も好きだけど地味な表紙。ここんち大好き。
「月光」図書委員もかわいいですが、今回はなんと言っても鯛です。鯛ステキ。
「甘い」・・ページの若宮さんがかわいいー。
「ヴァルデマール」満足ー。でも三部作の第一部なので足りないー。で、タルマ&ケスリーから
 再読中。何回読む気だ私。
「おせん」無事再開、刊行。ドラマ化問題の火種未だ冷めやらずかな。
「え!?」ギリギリです。イヤーな気分になる寸前で笑いに昇華してるのはモノローグの客観性によるものか。
「ブレイズ」破壊力はジャスミンがピカ一だなー。この面々とはしばしお別れ。
「Landre」あーもー大好きだー。でもそろそろ名前が把握できなくなりつつ・・・相関図をつくるか。
「ティンク」最終巻かあ。なにごともない南の島の神様と人々の暮らしがゆるゆると続くのんびりしたマンガでした。
「のだめ」ううーん、この結論にたどり着くまで長かったなあ・・・ダレたし散漫になっちゃったと思うんですが。
「晴れ」かーわーいーいー。この姉弟大好き。
「バーディー」あわわ、たいへんなことに。
「お振るい」あれ?!新書館の新刊サイト見間違えた?空ちゃんが可愛くてカッコいいです!
「マキャフリー」は「買えるときに買っとけ」で揃えてるので読んでない。
「久美佐織」わーなつかしい名前。でも読んだことナイ。
「みずほ」アレ、いつのまにでてたんだろう・・・

今時分はファンタジー欲求症。
私の好きな作家が好きな作家を追っていきます。
【2009/12/04 22:50】 | れびゅーん | トラックバック(0) | コメント(0)
うわあ、12月だって
はやいっすね、どうにも。

従姉妹の結婚式は気が向いたら感想。


それはそれとして、
いろいろ思うところはあるんだけど、
「結婚」つーのがホットな話題ですねもう。世間一般。特に女子。

でもぜったいしなきゃいけないモンじゃないと思うんだけど、
それは結婚してる私が言っても全く説得力がないので。

誰か「ミス&ミセス」(安倍川キネコ)のミコばりに言ってくれよ。
「ひとりがこんなにさびしくなくてどうしよう」って。
【2009/12/01 01:14】 | どーでもいーけど | トラックバック(0) | コメント(0)

<<

ときどきピスィモー

イベント報告、 買った漫画のコメント、 実況ダイエットなど。

プロフィール

まるた曜子

Author:まるた曜子
別名 むしこ

同人誌とかやってる
漫画・活字中毒患者。
でも最近読み専になりつつ
ありますヨ。

サークル名:博物館リュボーフィ

カレンダー

11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

カウンター

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する