快挙だと思うので
昨日のF1ヨーロッパGPは凄かった-。
私は車は超シロウトなので、目に見えてる範囲だけの話なんですけど

ザウバーの、小林可夢偉が7位入賞!
http://f1-gate.com/sauber/f1_8160.html

凄い話ですよ。
これは私が日本人だから言ってるわけじゃなくて(若干あるけど)、

下位チームが「みんなとは違うこと」
1.タイヤ戦略でデ・ラ・ロサはソフト、カムイはハードスタート
2.セーフティカー出動時にカムイピットインせず
 (ええー、大丈夫-?とか思ったけど、確かにあのタイミングでハード→ソフトじゃ早すぎだった)

をして、

下位ドライバー(点数みてよ)が
1.暫定3位を守り抜いて、
 (最初フタをしてたときはハラハラしたけど、周回を重ねてバトンを離したのはすばらしい)
2.ピットイン後のハードタイヤがまだこなれないうちでも守りに入らず攻撃した

ところが、本当に単純にすごい。

なにしろ完走することすらなかなかできないザウバー車。
あのマシンレベルでなら最後4周はゴールを目指すことを大事にして
ムチャしてリタイアとか無しねー!?
と願っていた私の後ろ向き保守思考を、

やっぱり戦う人はしないのですよ。

アロンソとブエミをオーバーテイクした時は悲鳴をあげたね。
放送最後のインタビューで
「自分だけがタイヤの調子が良かったから(抜いた二人のタイヤはもう劣化してたから)、
行けると思っていきました」的なことを言っていて、あーそーかーと納得。
勝負に出るだけの勝算もあったわけで。とはいえ
「失敗したらクラッシュアウトする可能性もあったし、アロンソとブエミをオーバーテイクするには
それなりのリスクもありましたが、その時点で誰よりもグリップがあったので、
絶対決めようと思っていました」(公式インタビュー)
そーだよね、もちろん100%安全な策なんかないわけで。

果敢だなあ。
いつもいつも放送の実況と解説のカムイ持ち上げ作戦に辟易としていたので
今回はそれが本当に価値あるものになり素直に感激しました。
いやはやすばらしかったです。


ところでベッテルがコバライネンに突っ込んだことはペナルティーにならなかったね。
あれはコバライネンのブレーキが早かったってのもあったようだし、お互い不問に帰すと
いうことなのかしら。
【2010/06/29 01:37】 | どーでもいーけど | トラックバック(0) | コメント(0)
麗しバーコードリーダー
最近はツイってばかりなので本読んでる以外何してるんだとお思いでしょうが、


何もしてません。


部屋もあっという間に歩行が困難に。
家が狭いからしょうがないのよと明らかな嘘を吐きつつ読書に勤しんでます(うふ)

でね、
かろうじてしてるのが、

購入した本のデータベース化。

以前友人に頼んで本棚の中身をマンガ・小説・作者別でデータにして貰ってたんですが、
もちろん追加で増えていくわけですよこれが。
それはもう、老後の蓄えなんぞなんのそのというスピードでね。
あーあ、死ぬときはころっと三日くらいで死にたいなあ。

あれ?閑話休題。

やっぱね、世の中には同じような悩みを持ってるヒトがいるわけですよ。

『ああっ、持ってる本をまた買ってしまった!』
とかね。
『あの本どこにしまったんだろ・・・書庫かあの段ボールかあっちの衣装箱かはたまた実家か』
なんてね。

そんで私よりも頭のいい人が考えてくれてるんです。しかもタダで提供してくれるんです。
スバラシイ!ハラショー!

そんなすてきなフリーソフト
私本管理Plus
ここにISBNを入力すると、データベースが簡単に!
すげー。便利ー。超便利ー。

で、ぷちぷちISBNを手打ちしてたんですが、
以前から「バーコード入力って、ケータイカメラとかでどうにかなんないかな」と思って
アプリがないか探してたんです。
で、ついに専用バーコードリーダーを購入してしまったワケですよ・・・あああ。これが。

なんてラクチン!ブラーヴォー!

やー、人類の科学力に乾杯!
めんどくさがりは進歩の第一歩。

バーコードリーダーはここ「Yomupara」で買いました。
本読みには頷ける商品満載です。
ステキサイトです。本読むヒトはぜひ見に行ってみて!

まあこんな暮らしっぷりです。
以上、近況でした。

近況って必要かしら・・・
【2010/06/20 21:55】 | どーでもいーけど | トラックバック(0) | コメント(0)
本の紹介とかを
ついついTwitterで済ませてしまうのでよろしくないな、とおもいつつ、
表紙を用意したりするのがめんどくさくてずるずるしてたのでした。

で、

遂に諦めてアマゾンのアフィリエイト頼りに。

これで多少は筆が進むだろうか・・・

どうかなあ、まあ私のやることだしな(呆笑)
【2010/06/11 00:42】 | どーでもいーけど | トラックバック(0) | コメント(0)
5月のまとめ
大場つぐみ・小畑健「バクマン。8」
大河原遁 「王様の仕立て屋~ サルト・フィニート~26」
村上もとか「JIN-仁18」
今市子「百鬼夜行抄11」
矢直ちなみ「一緒にかえろう1」
重野なおき「うちの大家族8」
樹るう「そんな二人のMYホーム3」
柘植文「野田ともうします。2」
佐伯泰英「孤愁ノ春 居眠り磐音江戸双紙33」N
鈴木里華「タブロウ・ゲート6」
藤田和日郎「月光条例9」
松江名俊「史上最強の弟子ケンイチ38」
星崎真紀「ステージママの分際で!5」
弓月光「甘い生活38」
水上悟志「惑星のさみだれ9」
皆川亮二「PEACE MAKER5」「ADAMAS4」
羅川真里茂「チムアポート」「朝がまたくるから」
とりのなん子「とりぱん9」
サライネス「誰も寝てはならぬ13」
とよ田みのる「友達100人できるかな3」
きくち正太「おせん真っ当を受け継ぎ繋ぐ。2」
御徒町鳩「腐女子っス!3」
中村光「聖☆おにいさん5」
おがきちか「Landreaall16」
D・キッサン「短編集 矢継ぎ早のリリー」
桑田乃梨子「888 5」

今月じゃない分
魔神ぐら子「楽屋裏2」
佐藤両々「つれづれなるママ本」
鳥野しの「オハナホロホロ」
ジム・グリムズリー「キリス=キリン全3巻」N
マキリップ「冬の薔薇」N
図子慧「駅神」N
ねぎしきょうこ「cafe吉祥寺で1」
サトクリフ「運命の騎士」N
駒崎優「闇の降りる庭」N
エレン・カシュナー「剣の輪舞」N
ロイス・マクマスター・ビジョルド「チャリオンの影 上下」N
加藤実秋「インディゴの夜」N
西魚リツコ「石霊と氷姫 上下」N
藤原ヒロ「会長はメイド様! 1・2」
後藤星「花のように」
松本花「ムーン」

これは物語じゃないな
菊池誠「科学と神秘のあいだ」
「高いわけ、安いわけ 食品表示で読み解く価格差」
福岡伸一「生物と無生物のあいだ」


ちこ買い
「のだめカンタービレ」番外編なのに通巻ででるとは。
「スケットダンス」をちこが全巻買いしたので、じみじみ読んでます。


「バクマン」大場さんのネームは素晴らしいな。ところで小畑さんの崩し絵はあれはギャグ絵を狙ってなのか。あれはおもしろいのか。
「サルト」今巻も爆笑。やーもー大好き。絵が上手くならない中のこのなめらかさ。マンガは絵で読ますもので絵の上手さを競うもんじゃないよなー。
「仁」うーん、龍馬ねえ。そういうことになりましたか。しかし世の中は大河熱をひいても龍馬好きが多いなあ。
「百鬼夜行抄」文庫版読了。久しぶり。そしていつも通り。
「一緒に」竹書房でのお試し新作は正直今ひとつーといったところだけど、これはかわいい。
「大家族」重野四コマは時々ウザネタがあるんですけど(頑張っちゃって空回り)、大家族は笑いに徹して好き。
「マイホーム」ラブドアーップ。
「野田」相変わらず凄いセンス。
「磐音」あああ~鬱々。前巻から引き続き暗いし容赦ない。しかし磐音よ、あっさりとその名を名乗ったな。私ゃ複雑だよー。
「ステージママ」ええと、何万回読み返す気だ。
「さみだれ」ああああああああ-。終わっちゃうーううう。うっまいなー。
「朝が」ええ、泣かされましたよ容赦なく。
「友達」いい調子です。100人までドラマを作り続けて!
「腐女子」かーわーいーいー。こんな高校生活ムリだったよ!
「ランドリ」話は凄い転換期。絵面がじわり。むずかしいよなー、こういうとき。
「リリー」どの話も面白かった。味のある線をひくよなー。
「ママ本」思ってたより「?」一番読んで欲しいという割には情報量が少ないかなー。
「キリス=キリン」読了ー。うーん、戦いは虚しい。3巻怒濤の展開なのに淡々としすぎだよー。
「冬の薔薇」は現実とあっちの世界がオーバーラップしててとても美しいお話でした。ヒロインの好きな人は婚約者のいる姉しか見ていないという状況も面白。
「駅神」面白い!図子慧は初めて読んだけど(しかも異色作らしいけど)味のある文章書くなあ。2巻買わなきゃ~。
「cafe」は期待外れ。絵がキレイ過ぎるとギャグは駄目だな・・・
「運命の騎士」読了。せつねー!中世イギリスの歴史にまったく知識のないわたくしには少々難しいところもありましたが、いい話ですよう。
「インディゴの夜」文庫の表紙が人気なアレです。意外に面白かった。私の生活圏とは一切関わりなしなところがまた。何語だ君ら。
「石霊」前作とうって変わって明るく元気なヒロイン。「暁と黄昏の間」も好きだったけど、こっちのが安定して安心。
「会長はメイド様!」アニメ化したのでどんなもんかと。うう、中学生くらいなら楽しみに読めたかも。もう歳ですかそうですか。
「花のように」。後藤星です。なつかしいなあ。ふわふわしてていいお話でした。

「科学と」軽い読み応え。うん、いいと思います。
「高い安い」人類の叡智が詰まった安物と希少性の贅沢品。時々参考にしよう。
「生物と」前半はかなり面白いです!後半はちょっとくどい・・・

今月もアホのように買ってます。スイマセン<誰に?
サトクリフなんかは図書館で借りるって手もあるんですよねー。最近とんと使ってないなあ図書館。
心臓病の医学書読みに行ったくらいだ(しかも借りずにコピーで済ませた)

図書館と言えば、いいサイトがあるんですよー。
わー、べんりー。

カーリル http://calil.jp/
【2010/06/01 23:01】 | れびゅーん | トラックバック(0) | コメント(0)
6月の買い物
6/1定金伸治「四方世界の王5 荒ぶる20(エーシュラ)の太陽と変異」N
4田村隆平「べるぜバブ6」
7むんこ「らいか・デイズ10」
高里椎奈「黄昏に祈る人 フェンネル大陸 真勇伝」N
11椎名軽穂「君に届け11」
小川彌生「キス&ネバークライ8」
磯谷友紀「本屋の森のあかり7」
末次由紀「ちはやふる9」
15香月日倫「妖怪アパートの幽雅な日常4」N
16市東亮子「やじきた学園道中記 昭和仕立 八丁堀事始メ」
18鴨居まさね「君の天井は僕の床2」
若木民喜「神のみぞ知るセカイ9」
仲村佳樹「スキップ・ビート!25」
23大橋ツヨシ「エレキング13」
ひぐちアサ「おおきく振りかぶって15」
植芝理一「謎の彼女X6」
25宮本福助「拝み屋横丁顛末記13」
マーセデス・ラッキー「ヴァルデマールの絆 盗人の報復」N
九条菜月「封印の紋章 翼を継ぐ者3」N
26伊藤黒介「ベルとふたりで2」
30ゆうきまさみ「鉄腕バーディーEVOLUTION5」


ようやく!「四方世界の王」が出ますよ。やれやれ。
「フェンネル」は2ヶ月連続刊行。
そしてなんと言っても「ヴァルデマール」!これスキッフ?スキッフの話よね!?
たーのーしーみー。

名島啓二「波打際のむろみさん2」はちこが買ってくれるだろう。

【2010/06/01 20:29】 | どーでもいーけど | トラックバック(0) | コメント(0)

<<

ときどきピスィモー

イベント報告、 買った漫画のコメント、 実況ダイエットなど。

プロフィール

まるた曜子

Author:まるた曜子
別名 むしこ

同人誌とかやってる
漫画・活字中毒患者。
でも最近読み専になりつつ
ありますヨ。

サークル名:博物館リュボーフィ

カレンダー

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリー

カウンター

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する