時をかける少女
観ましたよーテレビ。ホントは去年映画館で観たかったんだけど、
いろいろ逃して。やる気とか。今に至りました。

・・・あー、可愛くて素敵な話だあー。

原作は読んでないし原田知世映画も観てないから
私の中の「時かけ」はこれで決まり!

突っ込みどころがないわけじゃないけど、
この話はここでおしまいなんだなあっていうのが
ひしひしと感じられるところがいい。
恋したり勉強したり進路指導されたり遊んだり。
過ぎてみると儚い記憶なのに
そこにいると永遠が隣りにいるような時間。
間違いなく青春物だよー。

そんでやっぱり未来人なんですね。みらいじんねえ。
あえて「過去に干渉してはいけない」縛りネタはナシなんですよね、コレ。
「その時代の人間にタイムリープの話をしてはいけない」という
ルールはあるようです。

で、タイムリープですが、よく練られてると思います。
最近の出物だと「削除ボーイズ0326」ですが、
どちらもよかれと思って変えた過去が、多少ぶれつつも同じ未来へ向かって収束していく過程で別の災厄を呼ぶというかたちは似通っています。
ここで初めて「ああ、過去をいじるってこういう事なんだ」と
真琴も観てる側も思うわけです。
そして前のセンテンスに戻ります。
だから、あえて台詞として存在しないんでしょうね。

それにしても映画っていうのは
すごくたくさんの人が絡まないとできあがらないんですねー。
ちこちゃんが持ってた設定資料集読みながら唸りましたよ。
漫画や小説って基本個人作業だからなー。
「良質な小品をめざした」って監督が言ってます。
みんな大変だったろうけど、「これはいい」って言える
作品じゃないかと観た側は思いました。



ところで「未来で待ってる」ってハウルでもにたよーなこと言ってなかったっけ?
【2007/07/23 00:35】 | れびゅーん | トラックバック(0) | コメント(2)
<<7/22の報告 | ホーム | 7/21の報告>>
コメント
私は映画館で上映中の時は見逃して、DVDで見ました。
それで、先日のテレビでも見ました。
初めてDVDのジャケットを見た時、どっかで見たような絵だなあ・・・と思ってたら、キャラクターデザインは貞本義行だったんでっすね。気が付かずに不覚・・・。
私も、原作の小説も過去の実写版の映画も見たこと無いんですよね。
筒井康隆は好きな作家なのに、「時かけ」だけは何故か未だに読んでないんですよね。
小説を読んでみようかなあ。映画との違いを探しながら読むのも乙なものですね。
もっとも、最近の私の小説や漫画を手に取る動機は、ほとんどが映画やドラマの原作だからというものですが。単純だなあ・・・。
【2007/07/23 01:48】 URL | くどう92メタボ #-[ 編集]
最近は特に多いですよね漫画原作。
脚本家の人にはもう少し頑張ってもらいたい。
ってドラマ観ないけど。

あと映画声優も軒並み本業じゃない人が乗り込んできてますよね。
フツーの声優呼んでやれよ。
声優の卵なんていっぱいいるだろうに。
ってアニメもほとんど観ないけど。
【2007/07/23 01:56】 URL | むしこ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://molv.blog46.fc2.com/tb.php/141-c7882f01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

<<

ときどきピスィモー

イベント報告、 買った漫画のコメント、 実況ダイエットなど。

プロフィール

まるた曜子

Author:まるた曜子
別名 むしこ

同人誌とかやってる
漫画・活字中毒患者。
でも最近読み専になりつつ
ありますヨ。

サークル名:博物館リュボーフィ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

カウンター

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する