三匹のおっさん
ossan.jpg
有川浩「三匹のおっさん」

いやあ、痛快です。還暦を向かえたオジサマ達が、町の諸悪をバッタバッタと斬っていきます。
いままでも、
各所で働くオッサンが活躍されてましたが(主に自衛隊とか機動隊とか図書館隊とか(笑))
この度はどこにでもいそうな定年退職再就職組と自営隠居組と自営現役組の代表です。

後書きで、
「イマドキのお年寄りは若いよなあと思ったのがきっかけ」とありましたが、それわかるなあ。
いやもうだって自分のオヤがこんな歳ですよ。あの人達が「年寄り」って括りに入るとは・・・
うーん、まだまだ思えんなあ。
だってウチの父親バリバリ現役ですもん。
ポジションとしてはノリさんですよ。自営の工場で元気に働いてます。
赤いちゃんちゃんこもないもんだ。買ってませんが。
ちゃんちゃんこといえば、
数年前、ちこ父の還暦祝いではちこママが用意してましたが、
本人は実にビミョーな顔してましたヨ(笑)
そういうもんだろうなあ。今だって嘱託で変わらず現場に行ってるもんなあ。
しんどいとは言いつつも朝も早よから。なんて元気なんだ。
そう、電車の中ざらにじゃいますよ、私よりよっぽど足腰丈夫そうなオジサマ達が。
スイマセン、座らせてください。わたくし腰が死んでますの。

で、そんな三人組に合わせて
若手組の祐希君と早苗ちゃんの恋愛バナシがまざるのもまたヨシ。
キヨさんには早い孫で、ノリさんには遅い娘がいい設定だよね。
孫同士じゃないところ。うーん、うまいなあ、有川浩。
シゲさんちはまだ孫がちっさくて、一番多そうな世代序列なんだけど、
その三人三様の家族構成でそれぞれドラマがあって、
なんともいえない味わいが。

ああ、いいなあ。
平凡だなあ。
そして
誰の身にも小さなドラマがあるんだなあ。

そういう気分で、ぐふぐふ笑いながら読めました。
これ続き出ないかなあ。出ないよなあ。まとまっちゃってるもんなあ。

もっと読みたいなあ。
そんな気になるお話です。
単純に、面白いよ。オススメです。



ところで・・・

有川浩って、恋愛小説の女王の名をほしいままにしている(著者紹介)そうです。
・・・・・・・・恋愛小説家だったのか。
私の中では怪獣作家なんだけど。そりゃこの人の恋愛物は悶絶するほど好きだけど。
Amazonのレビューで「恋愛ものじゃないのか」とがっかりされてたりすると、
それが世間の感想なのかと愕然。
「海の底」の神奈川県警の皆様とか「図書館戦争」の図書隊の面々とか
強面のオッサン方が大活躍で血湧き肉躍る読み方ってもしや少数派・・・?ごくり。
【2009/03/25 21:04】 | れびゅーん | トラックバック(0) | コメント(0)
<<ちはやふる | ホーム | 海賊とウェディング・ベル>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://molv.blog46.fc2.com/tb.php/306-e7d9f748
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

<<

ときどきピスィモー

イベント報告、 買った漫画のコメント、 実況ダイエットなど。

プロフィール

まるた曜子

Author:まるた曜子
別名 むしこ

同人誌とかやってる
漫画・活字中毒患者。
でも最近読み専になりつつ
ありますヨ。

サークル名:博物館リュボーフィ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

カウンター

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する