将国のアルタイル
shou01.jpg
カトウコトノ「将国のアルタイル1~4」

やりたいことはわかる。
面白要素ももりだくさん。

なのに上滑ってる感があるのはナゼー!?


まだちょっと読者おいてけぼり感のある作品ですが、
新人でここまで描けるのは上手い方だと思います。
シリウス編集部はがんばって育てて欲しい。

しかし「魅せる漫画を描く」というのはなんて難しいんでしょう。
絵も上手で線も綺麗で、かき分けもなかなかできてて大がかりな舞台背景も描けてるのに
なにかが足りない。
それはキャラクターへの感情移入なのかな、と思う。
「そこに生きてる」裏設定を感じる描かれ方かな、と。
物語のために配置された人物というだけでは都合の良さが見えてしまうのかもしれない。

本人(作者)はそんなつもりはないと思うし、
表に出せない裏設定ってけっこう誰しも持ってると思うけど、
人生って結局、ある程度ユーモアがないと上っ面で終わってしまうのかなって最近感じます。

それは「面白い」という意味だけでなく、
「滑稽さ」であったり「狡猾さ」であったり「ゆるさ」であったりして、
多面性をもたらすものではないでしょうか。
漫画のキャラクターには性格付けというものがあり、
バランスよく配置する必要がもちろんあるのですが、
それを超える人間らしさが描けるようになれたらすばらしいなって思います。

頑張れすべての漫画家。

そんなことを、日本橋ヨヲコの「G戦場ヘヴンズドア」を読みながら
考えた次第です。

シリウスでこのレベルなら打ち切りはないと思うけど、
雑誌としてなくならないで欲しい・・・
コミックス派の私はなんの力にもならないわけですがマジで。
【2009/05/25 20:50】 | れびゅーん | トラックバック(0) | コメント(0)
<<龍の七部族 | ホーム | 百花日和>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://molv.blog46.fc2.com/tb.php/316-a89b3752
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

<<

ときどきピスィモー

イベント報告、 買った漫画のコメント、 実況ダイエットなど。

プロフィール

まるた曜子

Author:まるた曜子
別名 むしこ

同人誌とかやってる
漫画・活字中毒患者。
でも最近読み専になりつつ
ありますヨ。

サークル名:博物館リュボーフィ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

カウンター

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する