ガラ仮面と有川浩
きっかけは忘れたけど、
「ガラスの仮面」を全巻読み返しました。
すげーなこの話。
10年ぶりの再読でしたがあらためてびっくり。
おもしろいなー。

おもしろいんだけどなー。

いいかげん終わらせてくんないかなー。

携帯はコミックスが出た当時、物議を醸し出しまたが、
通しで読むとまあいいかと。「風の大地」とかも平気で舞台を現代にしてるし、
長期連載物にはままある話だなと。

それより

マヤがもうハタチぐらいなのに、
登場した13歳からあまり(外見に)成長がなくてかわいそうです。
「もう人を愛する女」になってるのになんつーか・・・



そんな恋愛成分に刺激されて、
有川浩を読み返しました。

あー、
この身もだえ感がたまりません。
女性登場人物の心情の吐露のエロ乙女度が絶妙です。

そんで常々謎でしたが、
自分の母親世代の人が若い頃・・・というか、今の私と同じ頃、
読んでいただろう小説にでてくる女性って、
もっと女の部分が生々しい上に男女関係がどろっとしてる気がするんですが
どうでしょう。

今でも
日経新聞夕刊で連載してるような「オンナの生々しい恋愛駆け引き」とか
あんまり読んでで共感できないんですが、
どうなんでしょう。

単に
私がおさないうずうずする恋愛がジャンルとして好きなだけなのか、

それとも
今私と同世代の女性陣は一様にこうなのか。

ふしぎだなー。
【2009/06/18 23:04】 | どーでもいーけど | トラックバック(0) | コメント(0)
<<出版社事情 | ホーム | 老ヴォールの惑星>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://molv.blog46.fc2.com/tb.php/339-36288bb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

<<

ときどきピスィモー

イベント報告、 買った漫画のコメント、 実況ダイエットなど。

プロフィール

まるた曜子

Author:まるた曜子
別名 むしこ

同人誌とかやってる
漫画・活字中毒患者。
でも最近読み専になりつつ
ありますヨ。

サークル名:博物館リュボーフィ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

カウンター

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する