翼の帰る処
tsubasa.jpg
妹尾ゆふ子「翼の帰る処 上下」

おもしろいよ!!

話も設定もキャラも巧いです。
会話の絶妙さも地文の人をくったようなところも気持ちよく読めました。
特に主人公ヤエトの造形が素晴らしい。

小さい頃から体が弱くて30まで生きられないと言われていたにもかかわらず、
36を迎えた尚書官ヤエト。
相変わらずすぐ倒れすぐ寝込む彼の夢はズバリ「隠居」。

適度に稼いだら、あとは
風が渡る音と水のせせらぎ、虫の音と鳥の声が時折こだまする静閑な地で
心ゆくまで歴史を究める

という希望を抱きながらも、現実には生来の真面目さや人の良さが災いして
忙しさは増していくばかり。
皇帝の末娘や左遷先の赴任地<北嶺>の人々や鳥達に振り回されつつ、
ヤエトは無事死ぬ前に隠居生活にたどり着けるのか、夢は夢のままなのか。

もうね、胸をつかまれました。こう、キュンと(笑)
すてきだヤエト、およそ主人公らしからぬその思考と倦怠感。
過去視という能力も持ってますよ。寝込むけど(笑)

一応補足すると、主である皇女ミムウェは皇帝のたったひとりの娘であり姫であり、
ほかの7皇子に比べると甘やかされて育ってはいるけど
「娘=女」であることに苦痛を抱きながら反発する頑張り屋でもあります。

ヤエトが北嶺自治区に左遷されてわずか10日を過ぎた頃、
皇帝の鶴の一声によって北嶺を郡とし、郡太守として皇女を着任するという命が
下された。ついでにヤエトは副官に任命されてしまう。
あらわれた皇女は最初ヤエトの眼にはじゃじゃ馬盛りのわがまま娘に映ったが、
皇女の苦悩に触れ、また言葉を交わしていくうちに、
その性根のまっすぐさに己の仕える主として
皇女のために(つい)働いてしまうようになるヤエト。
皇女もまた、ヤエトの裏のない言動に次第に信頼を寄せるようになる。
しかし次期皇帝の座を求める皇子達の野望と争いに巻き込まれることは
避けられない事態でもあったのだ。
北嶺を、人を、鳥を、ヤエトを、守りたいと願う皇女。
自分はともかく、太守として北嶺を守るために望むならと、ヤエトは皇女に告げる。
「鳥に、翼を取り戻したいですか」、と。

一癖も二癖もある人々に囲まれて大変だけど、ハッピーエンドで大満足です。


そんで第2弾。
「翼の帰る処2 上下」
tsubasa2.jpg

不本意ながら(?)皇女に懐かれてるヤエトは
皇帝の八つ当たり人事で不自然・不相応な出世をする羽目に。
ますます忙しく、隠居から遠ざかる生活に、
発熱貧血気絶二日酔いで倒れながらも奮闘するヤエト。
地味に不幸。

でも理解ある友や上司や部下に助けられながらなんとか生き延びてます。
こわいひとばっかりですが(笑)
ああ、ジェイサルドやルーギンや皇妹やミアーシャさんやと
いいキャラがいっぱいいるのに紹介できないよ! ヤエトがすごくて(笑)!

それどころか全然話に触れてないよ!アハハ。

あとね、この先話がどう転がるのか楽しみです!
ラブ展開するの? だって皇女15歳ヤエト37歳だよ!?
皇帝の娘と一介の尚書官(貴族にはなったから身分はアリになったけど)だよ!?
もえるねっ!!

さー2周目読もーっと。
こう、胸がすかんとぬけるようなキモチいいファンタジーが読みたい人にぜひオススメします。
【2009/09/11 23:16】 | れびゅーん | トラックバック(0) | コメント(0)
<<きるもの | ホーム | 最近は>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://molv.blog46.fc2.com/tb.php/376-42a641cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

<<

ときどきピスィモー

イベント報告、 買った漫画のコメント、 実況ダイエットなど。

プロフィール

まるた曜子

Author:まるた曜子
別名 むしこ

同人誌とかやってる
漫画・活字中毒患者。
でも最近読み専になりつつ
ありますヨ。

サークル名:博物館リュボーフィ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

カウンター

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する