6月のまとめ
まいどおなじみまとめです。長い・・・

定金伸治「四方世界の王5 荒ぶる20(エーシュラ)の太陽と変異」N
田村隆平「べるぜバブ6」
むんこ「らいか・デイズ10」
高里椎奈「黄昏に祈る人 フェンネル大陸 真勇伝」N
椎名軽穂「君に届け11」
森薫「乙嫁語り2」
花田一三六「戦塵外史5 戦士の法」N
磯谷友紀「本屋の森のあかり7」
末次由紀「ちはやふる9」
かまたきみこ「ドリームイーター」
市東亮子「やじきた学園道中記 昭和仕立 八丁堀事始メ」
吉川うたた「すっくと狐6」
鴨居まさね「君の天井は僕の床2」
若木民喜「神のみぞ知るセカイ9」
仲村佳樹「スキップ・ビート!25」
柳原望「高杉さん家のおべんとう2」
大橋ツヨシ「エレキング13」
ひぐちアサ「おおきく振りかぶって15」
植芝理一「謎の彼女X6」
内田春菊「私たちは繁殖している10」
マーセデス・ラッキー「ヴァルデマールの絆 盗人の報復」N
宮本福助「拝み屋横丁顛末記13」
ゆうきまさみ「鉄腕バーディーEVOLUTION5」
R.A.サルバトーレ「ダークエルフ物語 暗黒の包囲」N

今月じゃない分
明治カナ子「坂の上の魔法使い1」
藤木俊「はじめてのあく4」
吉川景都「2匹暮らし」
西魚リツコ「魔女と犬 カメリア・カタルシス」N
エレン・カシュナー「王と最後の魔術師 上下」「剣の名誉」「吟遊詩人トーマス」N
アン・マキャフリー「パーンの竜騎士1」N
妹尾ゆふ子「夢の岸辺3」N
今野敏「TOKAGE 特殊遊撃捜査隊」N
ロイス・マクマスター・ビジョルド「スピリット・リング」「影の棲む城 上下」「死者の剣 惑わし」「死者の短剣 遺産」「自由軌道」「名誉のかけら」「バラヤー内乱」「戦士志願」「天空の遺産」「遺伝子の使命」「無限の境界」「親愛なるクローン」「ミラーダンス 上下」「メモリー 上下」N

ちこ買い
名島啓二「波打際のむろみさん2」
星野浩字「臏―孫子異伝1~6」
伊藤黒介「ベルとふたりで2」


「らいか」はむんこの中で一番面白いなあ。時々光る四コマがあるのとシリアス展開のないところがイイ。
「フェンネル真4」あああー。フェンがあー。想像してたとおりの結果にー。続きは連続刊行。これで完結かな。その前に一式読み返したいな。
「乙嫁」新キャラパリヤさんかーわいー。
「本屋」この人は2巻くらいから間がうまくなってねー。ラブ展開ステキ。
「ちはや」強欲(笑)
「君届」今巻はピンです。主人公2人はまあいいや。
「ドリーム」はっ!続いた!1って書いてよー。キキは可愛いです。そして「しかがピストルでうたれるところ」はサイコー!
「神のみ」けけけ桂馬がッ!つまり心は肉体の影響を受ける?
「スキビ」おお!少女漫画らしい新展開!
「君僕」鴨居まさねの人間観察にはいつも驚かされるヨ。
「やじきた」本人とアシスタントの線が違いすぎて違和感。
「すっくと」はっ、雑誌が休刊?つーか将と霧江が読みたいんだけどな。
「高杉さん家」うーん、テンポが好きじゃない。話は面白いと思うんだけど。
「エレキング」雑誌時にも爆笑した「女らしい」。にほんごってすばらしい。
「おお振り」高校野球って大会いろいろあるのね。
「謎彼女」・・・あれ?なんかへんな展開に・・・これおもしろいの?
「私繁」内田春菊の最愛シリーズ。子供たちがみなかわいい。ところで教育学部出身だからって「教えられる人」に自動的にはならないよ!
「盗賊の報復」このスキッフがあの(「風」)スキッフになるんだなあ・・・。これで9~10歳でしょ?どこにでもあった(まだあるんだろうなあ)話なんだろうけど、過酷。そしてこの物語がタリアにつながるわけだが・・・オーサレンめ。憎。そしてクリスの姿に涙・・・
「バーディー」遂にここまできた!アレ、いつの間に?
「坂の上」想像してたよりどろりとしてて、しかも続き物だった。じゃあ1って入れてよ!2も買うけど!
「はじあく」も少しはじけてもいいのにー。
「2匹」ネコかーわーいーいー。
「魔女犬」魔女がかっこよすぎです。とっても科学的で神秘的でした。
「剣の名誉」読了。アレクがはじけてる・・・キャザリンがかわいい!そしてリチャード!おいしカッコ良すぎ(身悶え)
「トーマス」いやあ、幻想小説。しかし時々指示語や代名詞がわからない。問題は訳なの読解力なの?
「戦士志願」なんていきあたりばったり。すげえ(笑)ペリアからのぶんどり品や正式なフェリスとの契約ででみんなの給料は無事払えたということだよね?どうも舌の上の負債が大きすぎて、無事に終結したのに不安がさざ波のよーに残ってるわー。やーすばらしいでまかせ物語!
「名誉」いやんロマンス。柔道だの日本的だのの用語でたじろぐとゆーかどこにいるかわからなくなるあの感じ。あと、この母があのおばあちゃんになるのかとか。
「バラヤー」何というかもういろいろな課題が作中を渦巻いていて、ただ「皇国の革命という戦乱」を題材にしているとは思えない重量感。文化・文明が作り出す思考、伝統・変化、性差、個人と社会、断片的に描かれる側面の中で異星人の妊婦(そして途中で妊婦でなくなった母親)コーデリアが受け容れ、反発しながら未来をつないでいこうとする姿はかっこいいですもう。ピョートルはもう少し長生きできてたらなあ・・・
「ヴォル」あいかわらずしっちゃかめっちゃかでタイヘンだ。ビジョルドの話力構成力とマイルズの造形は素晴らしい。
「天空」マイルズやっかい事萬ひきうけ体質。それにしても外見に支障がある主人公ってイラストにし難かろうな。同じ絵でもマンガだとキャラ付けで慣れちゃったりするんだけど。
「遺伝子」アップテンポでマイルズは名前しか出てこないけど、エリがはしばしでかわいい発言をしてるので良し。
「無限の境界」短編集。それぞれ趣の違う話でしたが、ともするとあまりのいきあたりばったりぶりにコミカルな印象が強いマイルズが、その生い立ちと知性でもって、繊細で強靭な人間性を内包してるのだと再確認したのでした。それにしてもマイルズ、君は天性の巻き込まれ型ヒーローだな。
「クローン」このお金に奔走する感じはフィクションなのに胸と胃が痛い(笑)エリがかわいっすハンパなく!あの「あなたを見てるといい気持ちになるの」の色気を超えた肯定と「あなたにならわかるでしょう」の理解が。マイルズはホントにしょっちゅう自虐で猜疑心にまみれたりするけど自己肯定力を周り中に伝播する存在なんだなあ。
「ミラー」疲れた。あまりの奥深さにめまい。マークのあまりの愚かさに、そして叫びに、呻きながらページを捲るハメになってました。
「メモリー」あー、遂にこの時が来たかー、という、寂しさと満足感。そうだよね、成長というよりは成熟したというべき転換期なんだなあ。しみじみ。とはいえ30歳なんてまだまだ上手くできないお年頃なのでマイルズには今後も七転八倒して欲しいものです。
「影棲」いやー、面白いわ。神の戦いがここまで神聖性を損なってもまだ輝けるというところがとても。
「むろみさん」なんと人気がある。
「臏」読んでしまった・・・ううん、なかなかおもしろい。しかし先が長そうだ。
「ベル」こんなに子供がこびてない子供4コマはみかけないよなー。


「キスネバ」と「妖アパ」は先送り。も少し出てからまとめ読みしよう。
「封印の紋章」も2巻を手にれてからにしよーっと。
【2010/07/01 18:12】 | れびゅーん | トラックバック(0) | コメント(0)
<<7月の買い物 | ホーム | 快挙だと思うので>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://molv.blog46.fc2.com/tb.php/463-fa933bd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

<<

ときどきピスィモー

イベント報告、 買った漫画のコメント、 実況ダイエットなど。

プロフィール

まるた曜子

Author:まるた曜子
別名 むしこ

同人誌とかやってる
漫画・活字中毒患者。
でも最近読み専になりつつ
ありますヨ。

サークル名:博物館リュボーフィ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

カウンター

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する