快挙だと思うので
昨日のF1ヨーロッパGPは凄かった-。
私は車は超シロウトなので、目に見えてる範囲だけの話なんですけど

ザウバーの、小林可夢偉が7位入賞!
http://f1-gate.com/sauber/f1_8160.html

凄い話ですよ。
これは私が日本人だから言ってるわけじゃなくて(若干あるけど)、

下位チームが「みんなとは違うこと」
1.タイヤ戦略でデ・ラ・ロサはソフト、カムイはハードスタート
2.セーフティカー出動時にカムイピットインせず
 (ええー、大丈夫-?とか思ったけど、確かにあのタイミングでハード→ソフトじゃ早すぎだった)

をして、

下位ドライバー(点数みてよ)が
1.暫定3位を守り抜いて、
 (最初フタをしてたときはハラハラしたけど、周回を重ねてバトンを離したのはすばらしい)
2.ピットイン後のハードタイヤがまだこなれないうちでも守りに入らず攻撃した

ところが、本当に単純にすごい。

なにしろ完走することすらなかなかできないザウバー車。
あのマシンレベルでなら最後4周はゴールを目指すことを大事にして
ムチャしてリタイアとか無しねー!?
と願っていた私の後ろ向き保守思考を、

やっぱり戦う人はしないのですよ。

アロンソとブエミをオーバーテイクした時は悲鳴をあげたね。
放送最後のインタビューで
「自分だけがタイヤの調子が良かったから(抜いた二人のタイヤはもう劣化してたから)、
行けると思っていきました」的なことを言っていて、あーそーかーと納得。
勝負に出るだけの勝算もあったわけで。とはいえ
「失敗したらクラッシュアウトする可能性もあったし、アロンソとブエミをオーバーテイクするには
それなりのリスクもありましたが、その時点で誰よりもグリップがあったので、
絶対決めようと思っていました」(公式インタビュー)
そーだよね、もちろん100%安全な策なんかないわけで。

果敢だなあ。
いつもいつも放送の実況と解説のカムイ持ち上げ作戦に辟易としていたので
今回はそれが本当に価値あるものになり素直に感激しました。
いやはやすばらしかったです。


ところでベッテルがコバライネンに突っ込んだことはペナルティーにならなかったね。
あれはコバライネンのブレーキが早かったってのもあったようだし、お互い不問に帰すと
いうことなのかしら。
【2010/06/29 01:37】 | どーでもいーけど | トラックバック(0) | コメント(0)
<<6月のまとめ | ホーム | 麗しバーコードリーダー>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://molv.blog46.fc2.com/tb.php/465-814d7ad6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

<<

ときどきピスィモー

イベント報告、 買った漫画のコメント、 実況ダイエットなど。

プロフィール

まるた曜子

Author:まるた曜子
別名 むしこ

同人誌とかやってる
漫画・活字中毒患者。
でも最近読み専になりつつ
ありますヨ。

サークル名:博物館リュボーフィ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

カウンター

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する