第21回 文学フリマ東京 ありがとうございました【ちょっとだけ追記】
ブースに来てくださった方、買ってくださった方、お話できた方、
ありがとうございました!!!


10:00サークル入場開始なので9:50頃到着。
今回は設営お手伝いはムリと判断。2日前に二の腕ゆわしたばかりだったからね……
まじで五十肩を疑いました。あと椎間板ヘルニア。どっちも症状違ったけど。
背中全面にジクロフェナクナトリウムを塗りたくって事なきを得ましたが、
どうせイベントそのもので消耗するので安静にね。

実はTRC、COMITIA以来なので超絶久しぶり。
あ、浜松町のなんだか長い通路は無くなったんですね!
これあれか、品川車両基地再開発絡みでずれたの? まだ違う??

まあいいんですが。

で、乗換なにこれめっちゃ楽!って思いました。
でも流通センター駅のエスカレーター事情はまったく変化無しでした……

そんでね、サークル待機列できてんの!ひょー!
こんなん並ぶのも久しぶり!
並んでる途中でネイルの一部が剥がれてることに気づき地味にショック。はあん。
まあもう塗ってから10日くらいたってるからね……
10:05頃入りました。

さて自ブース設営ですよ!
途中で売り子ちゃんをむかえに行きつつ、
1週間前に秋ティアで並べたばっかりだったのでだいたいスルスル完成。
20151123_104454341.jpg
このあともちょこちょこ直した。ポスターは少し下げた。

……あのー、手に取りやすいサイズ、とか印刷代、とかいろいろあるけど、
種類が増えるならどう考えても判型は文庫が最強ですね!
机に置ききれない……
いやまだ平置きで充分並びますが、おつりや細かい荷物が隠せる棚は必要だし、
ナナメ置きしたいし、でも高さが出すぎるといあつかん……
今のところこれがベストですけど5月ティアまでにはちょっと考えたいな……
まあ本が無くならないから変えようもないという身も蓋もない話もありつつ。

開場してすぐに買い物に。そんなすぐにはお客さんいないだろーという
こちらも身も蓋もない前提で。
webカタログとツイッターと知り合いチェック。
買う予定だったものはほぼ買い、あいさつもほどほどに。
12:00前には戻りました。
20151124_221442131-1.jpg
戦利品ー。他に頼まれ物で金田一本を2冊。

でさ、webカタログ。
テキレボで先に使い出したから、テキレボでも
『買い物代行サービスがあるんだから早く登録しなよ!』って叫んでましたが。
文フリひどいな……
あのさ、前日に登録されてもチェックできないよ。
私みたいに前日まで仕事の人や、遠征組とか、ムリだから。
早く寝たいし。
一応イベント前に2回程全サークル流し見たけど
登録されてなきゃ方向性もわからない。
特にサークル参加者は当日ゆったり見て回って偶然の出会いやインスピレーションで…
ってやってられないもん。事前チェックが頼みなのに。

そんなわけで、文フリカタログで新規で、より、
以前から気になっていて今回行くことにした、をメインでチェック。
知り合いさんの配置チェック。以上。

(あと正直紙のカタログもセンスないと思う……。
作者名とジャンルの囲み線はもっと細くていいと思うし、紹介欄の中の字は
小さすぎるよね……。もともとMAX150字なんだから、枠目一杯で作って欲しい……
余白が1行分あるって……。あとこんなムリしてツイッターアカウント載せる意味あるのか
くらい字が小さい。線の主張が強すぎて文字が溺れてる)

そういえば、EエブリスタのAmazon券くれるってゆーメール(1/300)が来てたので
せっかくなので貰いに行く。
投票の説明(会場で買った/立ち読みでよかった本に投票しよう!)
もされたけど、メールで読んだときから
「それ会場でって無理じゃね? 以前から好きな本/作家でないと読んでから投票って
間に合わなくね?」と不思議だったのでスルー。
とはいえ、
そんな厳密な話じゃないし、趣旨を無視して知り合いさんに投票すればよかったかな?
と、受賞者発表アナウンスを聞きながら思いました。知ってるお名前チラホラ。
あと、見本誌コーナーでひたすら読む!とか、とにかく買って、休憩スペースで読む!
な人には向いてる企画ではあります。うん。
投票用紙、休憩スペースに置いとけばよかったのに。

カレー食べたよ!フツーに美味しかったけど多かったよ。ごはん残したよ……
男の子にはいいんじゃないでしょうか。
ナンやタンドリーチキンも食べたかったけど、うん、まあ、ムリだわ。残念。

で、肝心の販売ですが。
……んんん?
ジャンル違い(SFファンタジー)で出てるCOMITIAとペースが変わらないんですけど……
つかご新規さんあんまりいなかった……
あらすじ案内と作品傾向分布図も持っていったんだけど、見たがる人いなかったなー
(分布図は世津路さんだけ……)

文フリのさ、「エンタメ・大衆小説」ってジャンル、茫洋とし過ぎて「恋愛」にしたんだけど、
別に愛について高尚に語ってるわけでもないし、ひたすらラブラブしてるわけでもないし、
エンタメ寄りの大人向けの白泉社系少女漫画って認識なんですよ。
でも「恋愛」って大衆小説じゃね?
この疑問は当落発表後「恋愛」が7サークルしかいなかったことに確信が深まりました。
細分化の方法を再考した方がよろしいんじゃないですかね……?

まあ気を取り直して、「恋愛」ではたしてどこまで勝負できるのか。
結果。うーん、どうだったんだろう……?負けかなあ。微妙。

もちろんうれしいことも。
別イベで買ってくださった方が別の本を買ってくださったり、
まとめ買いされる方もいたり。
無料配布も期待値くらいは旅立ちました。
ウチの本は基本1冊読切なので、リピーターさんが来るのは
マジ嬉しいです。
ほんとね、他の方も言ってますけどね、
感想をツイッターで@で飛ばしてくれるの、すごい励みになります。
届いた! って。同じ気持ちを共有してもらえたり、意外な読まれ方をしたり、
仕事が辛くても一日がんばれる!ってタイミングとか、もうね。
そんで、そういうのでなくても。
リピートしてもらえるの、本当にありがたい。
お顔を覚えてないのが申し訳ないけどそんな記憶力持ち合わせてないので!
本人前にしてライブで感想を口にするのって難しいと思います。なので
「前にこの本買ったんで……(まででいいです!「面白かったから」とか
ムリに言語化しなくていいですから!)」と
ぜひリピートであることだけでも一言いっていただければ!
何回でも喜びます。ええ。

でも傾向は掴めなかったなあー。COMITIAでは一番手軽な文庫サイズの
「僕の真摯な魔女」が出やすいし、お試しならそれだよねって思うのですが、
今回は他の本と差が出ず。
ちなみに文フリ北ティア用宣伝ツイートでは他の真面目なあらすじ紹介やコピーよりも
これが一番出回りました……なぜだ。
 名称未設定 1
藍間さんありがとう!!! なんかもうこれでいこうと思います (;∀;)
逆に、文フリなんだし長いのがガツンと出て行かないかな~と期待もしてたのですが、
一番厚い「花と祝祭」(しかも一番ラヴい。恋愛してる)はほぼ動かず。
まんべんなく、ちょっとずつ。
ちなみに一番出たのが「羽化待ちの君」。なんでだろ……
でもアレだ、ウチの橙かわいいですから!
ご期待にそえるといい!

あとねー、委託した灰青さんの御本が出なかったのも残念で。
まあSFとファンタジーだから、恋愛とはズレますけど、
先ほど書いたサークル参加者とは逆の
「端からのんびりゆっくり見ていく一般参加者」もそんなにはいなかったような……
なんだよー、がっつり重たいファンタジーなんて文フリでこそ出ると思ったのにー

まあそんなカンジで。
文フリ、純文評論が強いんだろうなーとは思ってましたが、
教えていただいた話では詩歌の一大イベントだそうで。わかる。
あんなに詩歌スペースがあるとは思わなかった。しゅごい。こんなに嗜む人口が……

2Fは評論ノンフィク詩歌+歴史が盛況でした。
1Fは机と通路が広々し過ぎて、一部を除いてヒマだったご様子……難しいね。

というわけで、
文学フリマという「文芸」イベントに対する感想は期待値より低めに終わりました。
だって本の杜とそう変わらないんだもん……だったら本の杜がいいよ。

それこそサークル参加でもゆったり見て回れるし。じっくり接客できるし。
参加費の費用対効果もなあ。

テキレボは異常事態なので比較対象から外しますけど。

文フリスタッフが進みたい方向とウチの傾向は違うんだなー、
というのがちょっとわかった感触。


とまあ、ここまでがイベントの感想。

懇親会に参加しました。
カレーが仕事しすぎてぜんぜんお腹空いてないw でも食べる( ・∀・)

一番喋ったのは紗那教授。
(教授は教授さんっていうの変だから教授だな……出先で呼び捨ては普段しないんだけど……)
あと大学生ですよ!君らのお母さんの方が歳近いよ!
社会人先輩として軽く説教臭いお話をしてきました。迷惑だねwww!
でもお金を稼いで生活の基盤をつくることは創作してもしなくてもとても大事なので
就職がんばってね!君の心と身体を守れるのは君だけだ!
財布の余裕がないと余暇が作れなくてインプットできなくなってアウトプットは枯渇するよ!
そんでそんな話をちゃんと聞く体勢が(少なくとも見た限り。心中はわからんもん)とれる
君たちえらいな!

で、急遽セッティングされたCMタイム。
文フリガイドブックのアピール開始。
私はもう凪野さんの感想目当てで買ってたので、ぼんやり見てたのですが、
「ガイドブックに載りたいかー」「(おー!)」の次が
「じゃあ買って読んでここに載る本の傾向をぜひ研究してください!」
で正直引いたわ。
まあプロになるなら市場調査は大事だよね。傾向と対策だよね。
だけどなあ。
お金を出して読んでもらうために、
日本語を気をつけたり会話文が誰の発言がわからなくならないように工夫したり
ストレスなく読みやすい組版を研究したり
体裁・表紙・タイトルロゴなどの編集作業をがんばるのはやるよ。
でも、中身を変えようとは思わないな。
私は趣味だもん。
読まれたい、売りたい、という気持ちはあるけど、
ウチの女の子かわいいでしょ?が動機のほとんどなので、
ウケる女の子が書きたいわけじゃないんだよー。

なので、自サークルアピールは最初はいいかーと見送ってた。
んだけど、
いややっぱりチャンスは掴んでおかないと、と思い直して参加。
こんなサークルがいるよ、だけでも。

------ここから追記------
この違和感を、他の人と話して言語化できたので。

イベントそのものの、エンタメに対するぞんざいさから
「私は文フリあってないのかなー」と感じたわけですが、
文フリガイドブックの扱い方はとてもエンタメ指向。
(中身にはエンタメが少ない(イベント傾向同様)にもかかわらず)
「文学とは?」と掲げて純文系を重視して
(重視自体はいいと思います。それがイベント傾向なら。
エンタメ最上を求めてるわけじゃないよ?)
でもそれって傾向対策するものなの?
それを「なんだそりゃ、どこへ行きたいの?」と疑問。

ただ、イベント主催とガイド編集長は別口なので、
行きたい方向は違うのかもしれません(ガイド内容は同じでも)。

そしてそれはそれとして、私は宣伝するべきだな、
そこでお高く失笑してる立場じゃないもんな、何様だよ、
というのがあの時の心境の流れでした。
------追記ここまで------

お陰様で頒布物2冊と無配が1部旅立ちました。ありがたいことです。
橙も舞生もかわいがってもらえるといいなあ……
(あの、プレッシャーではありませんから! 親心というかおばあちゃんの心境で)

さて恒例のおようふく。
20151124_231439824_20151125031715ff5.jpg20151124_221924352_20151125031714d95.jpg
やっぱり中華系は評判いいですね!私も大好き!
オッズオネストのワインクレッドやダークグリーンは色味でも私に合う(と思ってる)ので
この先も頼りにしてますー。
オッズオネストは縫製がアレなのと濃色が色落ちするのが玉にキズだけど好きだわー。

今回はマルイのオフに思い立って、新宿マルイアネックス6Fに行ってみたんですけど、
かわいかったですよ? かっこいいですよ? 好みなんだけど、うん、
……さすがに普段着にできねえな……
と、諦めました。すごすご。
私の服選びは基本会社着なので!
オッズオネストは普段も着られるので好きー。
まあこのカッコで会社で仕事して接客もしてるって言うとだいたい驚かれますけども。
お仕事はフツーの不動産屋です!同僚はもう慣れてます!

そんで新宿まで足を延ばしたのはまさにオッズオネストに行くため。
錦糸町店が撤退し、川崎店が撤退&自分が引越したので、もう近場に店舗がなくて……
(服買うためだけに出かけるなんてもうホント優先順位が低くてな)
ちなみに目的はカーディガンとパンツだったのですが、パンツはなぜかワンピに化けました。
だってかわいいんだもん!買うよね!?ちなみに中華系だけど狐のお面がいるよ!Why?
カーディガンもかわいい(´▽`) ひもがいっぱいで取り回しがアレだけどかわいいよ!
満足!

以上、「……」が多用されたもっと語彙ないのかよレポでした!
私の秋がやっと終わった……
【2015/11/25 10:05】 | イベント | トラックバック(0) | コメント(0)
<<総括っての | ホーム | 第21回 文学フリマ東京【追記有】>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://molv.blog46.fc2.com/tb.php/635-41db7b51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

<<

ときどきピスィモー

イベント報告、 買った漫画のコメント、 実況ダイエットなど。

プロフィール

まるた曜子

Author:まるた曜子
別名 むしこ

同人誌とかやってる
漫画・活字中毒患者。
でも最近読み専になりつつ
ありますヨ。

サークル名:博物館リュボーフィ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

カウンター

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する