夢を与える
綿矢りさです。たまたまもらったので。

読み終わって、なんというか、若いなあと。
帯に「私は他の女の子たちよりも早く老けるだろう」とあるんですが、
うーん、そーかなーと。
確かに「普通の女の子」だったら体験しないような大人の世界と、
「普通の女の子の恋愛」だったら体験しないような特殊な目にあったかもしれないけど、
世の中「普通そうな女の子」が結構悲壮な体験をしていたり、
体験を継続して受けていることがあってびっくりすることがある。

で、
誰しも多かれ少なかれ誰にもいえない出来事を抱えて
墓場まで持っていく決意をしていたりしても、
それはそれとして表面上は日常を楽しめるようになれたりするんです。

私は彼女がこのままだとは思わない。
今、早く「どこか」にたどり着いてしまっていても、
その先にも誰かはいて、けして自分が先頭じゃないことに気づく。
やがて自分が老けきってはいない、まだ生きようとする生き物だっていう
新しい理解が来る。

若くはないけどね。ま、それもアリでしょ。
陳腐な言葉ですが、時間は偉大だなあ。
【2007/06/08 20:30】 | れびゅーん | トラックバック(0) | コメント(0)
<<ピーチツアー | ホーム | 6/7の報告>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://molv.blog46.fc2.com/tb.php/75-918f9b2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

<<

ときどきピスィモー

イベント報告、 買った漫画のコメント、 実況ダイエットなど。

プロフィール

まるた曜子

Author:まるた曜子
別名 むしこ

同人誌とかやってる
漫画・活字中毒患者。
でも最近読み専になりつつ
ありますヨ。

サークル名:博物館リュボーフィ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

カウンター

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する